徳永えり “処方薬”に依存する女性を体当たり熱演 高橋光臣と8年ぶり共演

徳永えり “処方薬”に依存する女性を体当たり熱演 高橋光臣と8年ぶり共演

 女優の徳永えりが、10日放送されるフジテレビ系連続ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(毎週木曜 後10:00)第9話に出演することが、わかった。石原さとみ演じる主人公の病院薬剤師・葵みどりが勤める萬津総合病院に入院する患者・若月陽菜(わかつき・はるな)役に起用。処方薬に依存する女性役を体当たりで演じる。また、その元夫・栗原謙介(くりはら・けんすけ)役に高橋光臣が起用され、NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』以来8年ぶりに徳永と共演する。



【場面カット】石原さとみと西野七瀬の共演シーン



 陽菜は抗不安薬に依存する精神的にも肉体的にもボロボロの状態の女性。みどりに取り上げられた薬を奪って口に入れ、それを止めようとするみどりに薬を吐き付けて、不敵な笑みを浮かべるなどその鬼気迫る演技に注目だ。



 そして、高橋演じる栗原謙介は、陽菜とはすでに離婚しているが、今でも陽菜のことを気に掛けている。陽菜と謙介は6年前に子どもを授かったが、出張で留守がちになった謙介は育児を陽菜に任せきりにしてしまっていた。両親も他界し、頼れる人がいない陽菜は次第に育児ノイローゼになり、抗不安薬を飲むように。



 夫婦仲は壊れ、離婚に至ったが、陽菜を精神的に追い詰めた原因は自分にあったと責任を感じる謙介。6歳となった娘が最近になり「ママに会いたい」と言い始めたことに悩む。精神的に不安定な陽菜に会わせることへの強い不安もあるなか、陽菜の服薬担当をつとめるみどりの後押しもあり、謙介は娘を陽菜に会わせることを決意する。



 薬の多量摂取という難しい患者とみどりはどのように向き合っていくのか。手に汗握る緊迫の展開が待ち受ける。第7話で突然上腹部に鈍い痛みを覚えた瀬野(田中圭)だが、今後、瀬野の体にさらなる病魔が忍び寄ることになる。瀬野、みどり、そして薬剤部メンバーたちはこの事態にどう対処していくのか。

                              

■キャストコメント

<徳永えり>

私が演じた若月陽菜は育児ノイローゼから薬との付き合い方を誤ってしまった女性です。人はどうしようもなく何かに頼りたくなる時があって、彼女の場合は大量の薬でした。決して正しいことではありませんが、私は彼女が弱いからではなく、生きることに必死だったが故の選択だと感じました。見放さず寄り添ってくれた葵さんたちのように、みなさまもどうか、もがきながらも立ち上がろうとする彼女を見守っていただけたら幸いです。



<高橋光臣>

台本を読んで、医療の現場で患者さんに直接薬剤師の方が寄り添って相談に乗ってくれるというのは本当に心強いことだなと感じました。また、石原さとみさんとはぜひドラマでご一緒したいと思っていましたので、このドラマに参加出来ることがとてもうれしかったです。現場での石原さんは、たたずまいも本当に強く、美しい方でした。私が演じる栗原謙介は、ただ楽しいだけではない、つらいこと、苦しいこともある育児について、それを感じ取ることができず、妻は孤独を積み重ねてしまいます。そんな彼の痛みと苦しみ、そして感動を表現できたらと思います。朝ドラでご一緒した、徳永えりさんと夫婦役です。そちらも楽しみにしていてください!



<野田悠介プロデューサー>

心の弱さという言葉だけでは片付けることができない、薬の多量摂取。そこには様々な生活の背景が起因しているのではないかと思っています。徳永えりさんと高橋光臣さんに患者家族の人間の心のもろさを繊細に表現していただきました。患者さんにとって周囲の支えが必要であるということがみなさまに伝わりますと幸いです。
カテゴリ