TVアニメ『モンスター娘のお医者さん』症例6「飛べないハーピー」【感想コラム】

TVアニメ『モンスター娘のお医者さん』症例6「飛べないハーピー」【感想コラム】

奴隷商から救出された「イリィ」は空を飛びながら、自分の居場所を探していた。


急に飛べなくなってしまった彼女にグレンはその理由を話すのだが…納得いかないようで


■TVアニメ『モンスター娘のお医者さん』症例6「飛べないハーピー」あらすじ

グレンがハーピーの里に来てから診察を拒否していたイリィ。診察を受ける条件として、


ティサリアに会いたいと言う。グレンは診断結果を伝えるも納得いかず、逃げ出してしまう


そんな彼女の後をティサリアが追いかけ、「闘士」になりたいと言い始めたのだが…


■散らばる赤い羽根

画像引用元:©折口良乃・Zトン/集英社・リンドヴルム医師会
サーフェとティサリアは、イリィから抜け落ちた羽根を掃除している間にグレンは触診へ


肩辺りにかるく触れ、羽根を引っ張り、頭を触る。最後はいきなり両手を両脇にねじ込む…


「うひゃああああ!先に言えー!」


恥ずかしかるイリィ。直接脇を触り検温した後…診断結果は「換毛」羽根の生え変わりと。


しかし、グレンをヤブ医者と言い放ち…イリィは、


「ウソだ!羽毛が生え替わる時だっていつもちゃんと飛べた!飛べなくなるわけない!


グレンを蹴ろうとした瞬間…ティサリアが守りますが、彼女はどっかへ行ってしまう。


■自分に相応しい場所を探す

TVアニメ『モンスター娘のお医者さん』症例6「飛べないハーピー」【感想コラム】画像引用元:©折口良乃・Zトン/集英社・リンドヴルム医師会
ティサリアに「闘技場の闘士なんだろ?あんた」と尋ねるイリィ。闘士なりたいと言って…


「私は元々スラムで暮らしてたんだ。喧嘩なら得意だからな」


自信満々。グレンをヤブ医者呼ばわりされて、木の棒を拾い一戦交えるティサリア。


「これであなたの喧嘩が通用しないとお分かりになったかしら?」


イリィの惨敗。それでも、ハーピーの里を逃げ出したいという気持ちが止められない。


グレンは戦いの中で抜け落ちた「風切り羽」を見てサーフェとティサリアにある頼みごとを


■飛ぶのが大好きだから!

TVアニメ『モンスター娘のお医者さん』症例6「飛べないハーピー」【感想コラム】画像引用元:©折口良乃・Zトン/集英社・リンドヴルム医師会
イリィが何も言わずに里を飛び出したと聞きつけたグレン達。夜の森を探し回り…


サーフェの温度感知能力で見つけ、「僕の診察結果は正確ではなかった」と伝えるグレン。


ティサリア達が里で集めたイリィの羽根は、全く違う色も混じっていた。飛べない理由は…


「大人の羽根になるための特別な換羽だからだよ」


しかも、イリィは伝説の魔族:不死鳥の血を引いていた。美しい羽根に生え変わり飛べる知り


「先生、見て見て!もーとみんなに見てもらうんだから!」


イリィはすっかり元気を取り戻すのでした。


■孤児として生きて…やっと見つけた両親との繋がり。

TVアニメ『モンスター娘のお医者さん』症例6「飛べないハーピー」【感想コラム】画像引用元:©折口良乃・Zトン/集英社・リンドヴルム医師会
イリィは「自分がいてもいい居場所」をずっと探し悩んでいましたね。

わがままで衝動的な行動もありましたが、親がいないし自分で必死に生きなきゃいけないんだという意思は伝わってきました。


そんな中で「不死鳥の血を引いている」ことは、まるで親からの贈り物のようで嬉しかったでしょう。

他のハーピーより早く飛べるとか、少し自然治癒力が高いとか、特殊効果がありそうですね。




ティサリアもイリィに厳しい現実を突きながらも、子を想う母親みたいで面倒見の良さが際立ってました。

全く自分と違う考えでも否定するのではなく、どんな相手を思いやる気持ちを忘れない。

すごい嫉妬心を燃やすサーフェの体調も心配してあげるほど…いい人ですね。


次回はサーフェの飲み友達アラクネのあの方が初登場です。


最後に一言だけ…

クトゥリフ医院長はスカディの話してること通訳なしで聞こえるの?羨ましい。


 


モンスター娘のお医者さん アニメ情報





(あにぶ編集部/あそしえいつ)
カテゴリ