意中の彼が「自然とこっちを気にしてくれる」方法とは?

意中の彼が「自然とこっちを気にしてくれる」方法とは?

好きな人ができたとき、できればライバルはいないほうがいいですよね。


でも……自分の好きな人を、ほかの女子も好きになる。なんてことは、ときどき起こってしまうものです。


知らないうちに自分の彼氏に片思いしている女子がいたり、今イイ感じな「付き合う直前」の彼にだって、別れかけの彼女や、ほかの「イイ感じ」な女子がいることもあるでしょう。


そんなとき、自分の方を選んでもらうにはどうすればいいのでしょうか?



「自分以外は無視」が鉄則!


もし、自分の好きな人と同じ人を好きになっているほかの女子がいた場合、その女子のやることなすことにイライラしてしまうこともあるかもしれません。


「あの子何?」と彼を問い詰めたり、片思いの彼の正式な彼女のファッションやメイクをマネしてみたり……。気になって仕方ない気持ちもわかります。


でも、そこを気にしていても仕方ないですし、あなたが彼を好きなように、彼女も彼を好きなんです。


であるならば、「好き」を彼女より上手にアピールできれば、彼の気持ちをあなたに向かせることもできるはず。


そこで、ほかの女性にはない、あなただけの「長所」をアピールをすることが必要です。


その結果、彼との関係さえしっかり深まれば、あなたからとくに何も働きかけなくても、ライバルが勝手に自滅していくこともあるかもしれません。


あることないこと噂を吹き込んでくる人もいるかもしれませんが、そんな「外野」も相手の女子も、とにかく自分と彼以外の外野は無視!が鉄則です。


自分と彼の関係を深めることだけを目指しましょう。


好きな彼とのペースを合わせよう


あなたと彼の「距離を縮めるペース」は合っているでしょうか?


もし、「迷う彼に無理に決断を迫った」など、せっかちなところを見せてしまったのなら、注意すべきです。


強気・せっかちは、押しの弱い男性を一時的に丸め込むことができても「やっぱ違くない?」とすべてをひっくり返される原因になることもあります。


お互いがお互いを思いやってこその恋愛。どちらかが強いとか、弱いとか、そういうものではないということは、肝に銘じておきましょう。


もし告白が成功すれば、一緒に歩いていくのです。ペースを合わせて、一緒に歩いてみないとわからないことだってあるでしょう。


あなたにとって彼の歩みがゆっくりでも、せかさずにともに歩けるようにしたいですね。


そうすれば自然と、彼にとってあなたは「一緒にいて心地よい」相手になるはずです。ほかの女子のことなんて、考えられなくなっていくはずですよ。


常に冷静に


恋はタイミング。なので、時には三角関係に巻き込まれることもあり得ます。


でも、一時の感情で暴走したほうが泣くことになるのが恋愛のセオリー。


恋愛は、焦りがあって、自分が何をしているかわからない時に失敗するものです。自分の魅力を信じて頑張りましょう。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ