大好きが過ぎる!男性が「ゾッコン女性」にしかしないこと3つ

大好きが過ぎる!男性が「ゾッコン女性」にしかしないこと3つ

好きな人が本当に自分を好いてくれているのか、不安……。自信が持てないあまり、思うようにアプローチができない……。


そんな状態に、悩んでしまうこともありますよね。


今回は、男性がゾッコン女性にしかしないことをピックアップしてみました。


好きな人と両想いだと自信が持てるようになります。もし当てはまっていたら、積極的に関係を深めていっても大丈夫。ぜひチェックしてみてください。



1、自分のプライベートについて話す


人は恋をすると、「好きな人のことを知りたい」と思うのと同時に、「自分のことを知ってもらいたい」と思うもの。


たとえば休日はピアノのレッスンに通っている、何人兄弟で親はどういう仕事をしているか、などです。


話題がプライベートな領域に及ぶほど相手に心を許している証拠であり、相手に興味関心があると言えないでしょうか。


それこそ、男性が自分のプライベートについて話をしてきたら、「あなたのことも知りたい」と、アピールしている可能性が高いのです。


どうでもいい人に、プライベート事情をわざわざ話そうとはしないでしょう。ましてや、自分の弱みを話すのであれば、なおのことです。


彼が自分のことを話すのは、あなたと仲良くなりたい気持ちがあるから。あなたも彼との会話を通じて、少しずつ距離を縮められるといいかもしれませんね。


2、友人、知人に会わせる


彼があなたのことをかわいい子、好きな子だと感じている場合、誰かに自慢したいと思う男性は多いでしょう。


このとき好きな女性を紹介して自慢する相手は、親しい友人や趣味仲間などがポピュラー。


自分が活動している音楽サークルや気心知れた友人との飲み会や食事会にあなたを誘う、などの行動となって表れることがあります。


誘うのは、あなたと過ごす時間を確保したいから、といった理由もあるでしょうか。


本来なら、2人きりでデートできるのが一番ですが、友人たちとの遊びや飲む約束があって、デートが難しい場合もあるでしょう。


でも、あなたとも会いたい。そんなとき、誘そうと思うのかもしれませんね。


自分のプライベートな空間に好きな人を呼ぶのは、ゾッコンな証拠に違いありません。


3、家まで送る、食事をおごる


家まで送ってくれたり、食事をおごってくれたりするのは、単なる男性としてのエスコートと感じる女性もいるかもしれません。


とくに知り合ったばかりの関係なら、男性は丁寧にあなたを扱ってくれるでしょう。


でも、どんなに優しい男性でも、相手が女性だからというだけで毎度のこと送り迎えをしてくれたり、食事をおごってくれたりはしないもの。


逆に言えば、あなたに毎回それだけ尽くしてくれるのなら、好意があると見てよさそうです。


あなたが「かわいい」と思うから、多少なりとも無理をして、尽くしたいと思うのでしょう。


彼はあなた思っている以上にゾッコンかも?


彼の行動が今回ご紹介した内容によく当てはまるなら、彼はあなたが思っている以上にゾッコン状態かもしれません。


「彼と両想いかもしれない」と少しでも思えたなら、あなたからもアプローチをしてあげてくださいね。


両想いの彼なら間違いなく、あなたの気持ちをうれしいと感じるでしょう。


彼との距離が一気に縮まるチャンスになりそうです。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ