【エール】解説放送トリは相島一之「14日から、いよいよ本放送再開です」

【エール】解説放送トリは相島一之「14日から、いよいよ本放送再開です」

 NHKで再放送中の連続テレビ小説『エール』(月~土 前8:00 総合ほか)。7日からの再放送(第61回~第65回)の解説放送は、相島一之が演じる落合吾郎が担当する。14日から本放送再開が決まり、再放送も残り5回となる。



【写真】『エール』第1週~第13週を名場面とともに振り返る



 今週は、第13週「スター発掘オーディション!」。主人公・古山裕一(窪田正孝)は、コロンブスレコードと契約して5年が過ぎ、ご当地ソングや「大阪タイガース」などの球団歌を数多く手がけ、安定した作曲家生活を送っていた。そして、「コロンブス専属・新人歌手オーディション」を中心に物語は展開。幼なじみの佐藤久志(山崎育三郎)や、ミュージックティーチャーこと御手洗清太郎(古川雄大)ほか、オーディションの参加者として多彩なゲストが登場する。



 副音声を担当した相島は「落合吾郎さんとして副音声を担当しました。『エール』の登場人物は皆家族か親戚みたいな気持ちで観ていたので副音声でも落合さんの気持ちが漏れているかもしれません。古山裕一くんと音さんのお話をちょっとお休みして佐藤久志くんのストーリー。村野鉄男くんとの福島三羽ガラスもいいし、ミュージック・ティーチャー御手洗清太郎くんとの龍虎の闘いも最高です。みなさんどうかお楽しみに!」と、13週の見どころを語る。



 さらに、「9月14日から、いよいよ、いよいよ『エール』本放送再開です!! いやぁ、待ってたよ! これからしんどい時代に突入するのでしょうが、音楽の力で乗り越えて!」と、後半戦にエールを送っていた。



 解説放送とは、出演者のせりふ、津田健次郎による語り、挿入された資料映像の音声などはそのままに、映像に関する説明(出演者の表情、情景描写など)を音声で伝える放送サービス。通常、テレビのリモコンの「音声切替」ボタンを使って、「副音声」に切り替えることができる(※機種によって操作方法が異なる場合あり)。



 なお、12日(土)は、『いよいよ来週から! 連続テレビ小説「エール」再開SP』を放送する。



■これまでの副音声の担当者

再放送1週目(第1回~第6回):佐藤久志(山崎育三郎)

再放送2週目(第7回~第12回):関内吟(松井玲奈)

再放送3週目(第13回~第18回):藤堂清晴(森山直太朗)

再放送4週目(第19回~第24回):御手洗清太郎(古川雄大)

再放送5週目(第25回~第30回):村野鉄男(中村蒼)

再放送6週目(第31回~第36回):梶取保(野間口徹)

再放送7週目(第37回~第42回):古山まさ(菊池桃子)

再放送8週目(第43回~第48回):関内梅(森七菜)

再放送9週目(第49回~第54回):菊池昌子(堀内敬子)

再放送10週目(第55回~第60回):梶取恵(仲里依紗)
カテゴリ