ナイツ“笑い”テーマの新番組で意気込み 塙宣之は俳優業への影響を心配「どういうスケジュールでいけばいいのか」

ナイツ“笑い”テーマの新番組で意気込み 塙宣之は俳優業への影響を心配「どういうスケジュールでいけばいいのか」

 お笑いコンビのナイツが7日、東京・有楽町のニッポン放送のイマジンスタジオで行われた新番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(月~木 後1:00~3:30)スタート記者会見に出席。同局“昼の顔”としての意気込みを語った。



【写真】笑顔で意気込んだナイツ



 今回、笑いをテーマにした番組となっており、午後1時冒頭から30分程度、芸人ならではのフリート―クを想定しているほか、リスナー投稿型の「ネタコーナー」なども用意し、深夜放送リスナーやお笑いリスナーが楽しめるような仕掛けも企画している。



 ナイツが担当する月~木曜は、曜日別の女性芸人パートナーも登場。月曜から平野ノラ、相席スタートの山崎ケイ、メイプル超合金の安藤なつ、ハリセンボンの箕輪はるかが担当する。曜日ごとのパートナーに沿った企画も展開し、ナイツと各パートナーとの掛合いも届けていく。ナイツは、木曜の『ビバリー昼ズ』も引き続き担当することになり、ニッポン放送だけで毎週11時間半の生放送ラジオ番組を行う計算で、TBSラジオのレギュラーも含めると15時間半の放送を行うことになる。



 この日の会見で、土屋伸之は今回のオファーを聞いた心境について「ニッポン放送さんの『ビバリー』やらせていただいた縁があって。5年前から赤坂でも生放送やっているので、そのこと知らないのかなと思いました(笑)。同じラジオ界なのに『ちゃきちゃき』のことを知らないのかな」とニヤリ。塙宣之は「本業が俳優なので、これから役者としてどういうスケジュールでいけばいいのかなと。僕の代表作は(テレビ朝日のドラマ)『捜査一課長』なので」とボケでたたみかけた。



 「普段、ラジオを聞かない人たちに向けてのアピールは?」との質問には、塙が「働きながら聞いている方が多いと思うので、何かこう改まってっていう感じじゃなくて、何かやりながら聞けるんだよっていうのでいいのかなと。スピードラーニングと一緒です。徐々に理解してくると思います」とコメント。「清水ミチコさんと一緒にやっている木曜の『ビバリー』は、初めての人はついていけないと思いますね。だって、急に僕がチューバッカのものまねとかやってますから。だから、この番組も1回目から聞いていくと『あーあの時の!』ってなるかもしれないですね」



 塙は自身のラジオ体験についても触れ「中学生の時に『オールナイトニッポン(ANN)』をラジオから楽しい声がするなと思って聞いたら、それが電気グルーヴだったんです。何なのかわからないところから入っていって、聞いてみると、この人たちはミュージシャンなんだと。そしてYMOに影響を受けたということを聞いて、YMOについても知っていく。こうしてラジオから聞こえてくることで勉強になることもあるので、僕らで言うと(土屋が行っている)消しゴムサッカーってなんなんだとか…」と笑いを交えながら言葉に力を込めた。



 ニッポン放送とTBSラジオとの違いについては、塙が「ニッポン放送の台本にはものすごく『ちゃきちゃきが…』とか、TBSのことが書いてあるんですけど、TBSは一切書かないですね(笑)。ずっとシカトしている。そう考えると、こっちの方がある意味ゆるいというか…」とにっこり。土屋は「それぞれの番組スタッフさんの違いかもしれないですけどね(笑)。『ビバリー』の台本は、英語も縦書きなんですよ(苦笑)。それがすごく違和感があって、途中でアルファベットが入ると…その度に、こうしなきゃいけない(首を横にする仕草)。1回、King Gnuのアルバムタイトルを間違えた上に、『白日』を『白目』って読んじゃいました」と申し訳なさそうに語っていた。



 会見の進行は、前島花音アナが担当。金曜は中川家がパーソナリティーを務める『中川家 ザ・ラジオショー』(後1:00~3:30)がスタートする。



■『ナイツ ザ・ラジオショー』各曜日コーナー

月曜…午後1時台『銘鳥銘木コーナー』、午後3時台『平野ノラ 団地の掟』

火曜…午後1時台『塙さん、ちゃんと思い出してください!』、午後3時台『山崎ケイ 男と女のアレコレ』

水曜…午後1時台『芸能ニュース 今週の最下位』、午後3時台『迷コメンテーター 安藤なつ』

木曜…午後1時台『新しいヤホー!を考えよう』、午後3時台『箕輪はるか ザ・重機ショー』



■『中川家 ザ・ラジオショー』コーナー

午後1時台『ラジオCMを作ろう!』、午後2時台『めっちゃいいレシピ』、午後3時台『BSフジ ウィークエンドインフォメーション』
カテゴリ