古川雄大『極主夫道』出演決定 平和を愛する警察官役「お楽しみいただけるよう努めたい」

古川雄大『極主夫道』出演決定 平和を愛する警察官役「お楽しみいただけるよう努めたい」

 俳優の古川雄大が、10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)に出演することが、わかった。物語の主人公で、元極道の“専業主夫”龍(玉木宏)の住む町の平和を愛してやまない交番勤務の警察官・酒井タツキ役に起用された。古川は「誰もが楽しめるベタな笑いから、時折見せるシュールな笑いまで、原作の世界観を大切に、ドラマをごらんになるみなさまにお楽しみいただけるよう努めたいと思います!」と意気込みを語っている。



【画像】川口春奈が演じる龍の妻・美久の原作カット



 『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で第2位、累計200万部突破のおおのこうすけ氏による人気漫画『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)を実写化。コワモテだけど、愛情深くて実はかわいらしい元最強の極道“不死身の龍”が、専業主夫の大変さや楽しさを知りながら、トラブルや悩みを爽快に解決する仁義なきヒューマン任侠コメディ。玉木のほかには、龍の妻“美久”に川口春奈、龍の元舎弟“雅”に志尊淳が決定している。



 龍たちが暮らす街の平和と安全を願い、日々パトロールをしているタツキは伝説の極道・龍が足を洗ったとは信じられず、常に龍の動きに目を見張らせている。ただ、少し天然で早とちりな面があり、時に事態をややこしくしてしまうというキャラクター。龍は愛する家族のために、タツキは、街の平和と安全のために、ふたりとも、まっすぐに、まっすぐがゆえになぜか会話が噛み合わない…。



 起用を受け古川は「『極主夫道』という大人気原作コミックスのドラマ化に参加できるということを、本当にうれしく思います。そして、今のこういうタイミングで、笑い溢れる作品に参加できることが幸せです。出演させていただけることに感謝しています」と喜ぶ。



 タツキについては「警察官なのですが、警察官としての素質があるのかないのかはちょっと別にしておきまして(笑)、物事に対して熱心に取り組むまっすぐな人間です」と分析。「ただ、熱心すぎるが故にちょっと勘違いや早とちりをしてしまい、周りのみんなをミスリードしていくようなキャラクターです。作品においては、物語を展開していく役割があるのかなと思っています」と物語を存分に引っ掻き回してくれそうだ。
カテゴリ