武器や鎧を自作する美女レイヤー 制作もコスプレの醍醐味

武器や鎧を自作する美女レイヤー 制作もコスプレの醍醐味

 テレビ番組や雑誌のグラビアページでも特集を組まれる機会が増え、誰でも気軽に楽しめる趣味として、幅広い層に浸透してきた感があるコスプレ。昨今では既製品のコスプレ衣装も出回り、必要な備品はすぐに購入できるようになったものの、あくまでも自作にこだわり、お手製の衣装で写真撮影を楽しむコスプレイヤーも大勢いる。半年ぶりに再開したコスプレイベントで見つけたレイヤーたちに、衣装制作に対するこだわりを聞いた。



【動画】爆弾ボディをおしげもなく… コスプレ美女たちの大胆衣装にドキッ



 今回、取材で訪れたのは、東京・池袋のサンシャインシティで定期的に実施しているコスプレイベント『acosta!(アコスタ)』。参加人数の制限や、マスクの着用・手洗い・消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、さまざまな感染予防対策を講じたうえで開催された同イベントには、魅力的なコスプレイヤーが多数集結。安全面には最大限に気を配りつつ、撮影や交流を楽しんでいた。



 『いちご100%』の北大路さつきに扮して参加していたすみさんは、衣装は毎回、自作で用意しているそうで、制服だけでなく武器や鎧といった造形物を作ることも多いという。その理由を聞いてみたところ、「その作品が好きだからというのもありますが、私の場合、好きになるのがほとんど衣装の出回っていないキャラクターなんです。なのでコスプレをしようと思ったら、必然的に自分で作るしかなくて。とはいえ、もともと衣装や小道具を作るのは好きなので、そうした制作に費やす時間も含めて、楽しく取り組んでいます」とのこと。



 ちなみに外出自粛の期間中は、ひたすら衣装を作り続けていたそうで、いまは、増え過ぎた衣装をどう管理するかが、悩みの種だという。自粛期間に制作した衣装のなかでは『僕のヒーローアカデミア』に登場する青山優雅のヒーロー衣装がお気に入りだそうで、「“このキャラクターのコスプレをしたい!”と思ったら、男女を問わず、何でも挑戦するようにしています。でも実際に着るとなると、夏場は暑さがネックになるので。当分の間は涼しげな衣装でコスプレを楽しみたいです」とも話してくれた。



 『Fate/Grand Order』(以下、『FGO』)のBBに扮するおさかなさんは、こちらの衣装のほか、同作に登場する清姫や女王メイヴの衣装も現在制作中だという。じつは『FGO』のコスプレは、今回が初挑戦だそうで、「後追いで、すでに流行っている作品のコスプレをすることに抵抗があって。なので『FGO』もずっと手をつけずにいたんですけど、自粛期間中に何気なく遊んでみたら、一気にハマってしまいました(笑)」とのこと。



 さらに詳しく聞いてみると、「どのキャラクターも魅力的で、衣装を買い集めればすぐにでもコスプレはできるんですけど、せっかく挑戦するからには自分で衣装を作りたいという気持ちが強くて。まだまだ不慣れですが、頑張って取り組んでいますので、完成した際はぜひ、大勢の方に撮っていただけると嬉しいです」といった胸の内も語ってくれた。



取材・文=ソムタム田井

カテゴリ