両思い確実なのに…男性が本命女子にまだ告白しない理由4つ

両思い確実なのに…男性が本命女子にまだ告白しない理由4つ

もう毎日LINEもしてるし、時々二人だけで会っているし、彼も絶対私のこと好きなはず……!


そうだと思えても、「好きだよ」とハッキリ言ってくれないと、女子としては不安ですよね。


なぜ男性は、本命であってもなかなか告白しないのか、その理由を解説します。



こじらせ系で好かれている自信がない


あなたをデートに誘っても必ずOKしてくれるし、LINEを無視されたこともない。それなのに「まだ好かれている自信がない」とこじらせる男性が一定数存在します。


そんな男性は、ひょっとしたら自然消滅恋愛の常習犯かもしれません。


自分から気持ちをハッキリ言わないことで彼女に「脈なし」と判定され、フェードアウトされてしまうのです。


このタイプの場合、恋愛での成功体験がないため、「今回もどうせダメだろう」という思いがどこかにあります。


そのため、たとえ今あなたとイイ感じでも、リスクの高い「自分からの告白」を避けてしまうのです。


もし、そんな彼でも大好きであれば、むしろあなたから告白した方が早いはずです。


軽くボディータッチなどをしながら「もっと距離を縮めたい!」という気持ちを表すのもよいでしょう。


過去の恋愛の傷が癒えていない


過去に二股をかけられた、騙されてお金を取られたなど、女性関係で傷ついた経験のある男性は、たとえ脈がありそうでも簡単に「自分から告白しよう」とは思わない傾向があります。


脈がありそうなときこそ、「そんなうまい話があるはずない」と警戒してしまうのです。


そんな彼との恋を進展させるには、あなたが彼を恋愛で傷つけることのない安全な女性であるとわからせることです。


他の男性の影をチラつかせて嫉妬を煽るとか、プライドをくすぐるためにわざとトラブルを起こして頼る……などの行為は絶対にやってはいけません。


オープンにぶっちゃけトークをする、あえて言いにくいことをズバッと彼に言うなどして、異性である前に、まず「人として信頼のおける友人」というポジションを築きましょう。


借金、二股などやましいことがある


実は借金がある、実は前の彼女と完全に別れていなくて今告白すると二股状態になってしまう……。


などなど、やましい事情があると、告白を渋る傾向に。


これは、彼女をトラブルに巻き込みたくない気持ちからです。もちろん、普通の人だったらドン引きすることが予想されるため、嫌われたくない気持ちもあります。


そんなときは、あなたが何でも受け止める器を持っている女子だと彼に思わせましょう。


「私、変な友達が多いから、どんな悩みを相談されても全然引かないタイプだよ」


こんなふうに一言言っておけば、彼はあなたに事情を話してくれるかもしれません。


実は自分から気持ちを打ち明けた経験なし


彼は恋愛に非常に奥手であるだけでなく、男同士の友人付き合い中でも気持ちを口にすることがあまりないタイプなのかもしれません。


いつどのように気持ちを表して良いかわからず、告白できないのです。


この場合、あなたが気持ちを表す「練習相手」になるつもりで付き合うしかありません。


まずは彼の告白を待たず、あなたから好意をストレートに伝えてみましょう。会話でもあなたがリードして、本音を言い合う関係を作るのです。


もし彼から「実はあんまり恋愛経験がなくて」と打ち明けてくれたら、「そんなこと気にしない。私は○○くんが好き!」と肯定し、二人で何でも乗り越えいける関係を築きましょう。


彼のペースに合わせると逆に告白してくるかも?


イイ感じなのに何も進展がないと不安になると思いますが、選択肢は3つ。


①彼からの告白を待つ、②彼が告白するように仕向ける、③あなたから告白する、のいずれかになるはずです。


もし自分から告白する勇気がないとしたら、彼が自分の気持ちを言いやすい雰囲気を作ってあげるのが得策です。


案外、彼のペースに合わせてあげることで、彼が気持ちを打ち明けてくれるかもしれません。


どんなカップルもどんな夫婦も、相手に寄り添い、サポートしあって愛を育んでいきます。


付き合う前からそういう関係を築ける子だと思わせれば、「運命の女性」だと思ってもらえる確率もUPします!


(ちりゅうすずか/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ