『キン肉マン』作者、ネタバレ解決は“友情パワー” 読者同士の思いやり呼びかけ

『キン肉マン』作者、ネタバレ解決は“友情パワー” 読者同士の思いやり呼びかけ

 人気漫画『キン肉マン』の作者・ゆでたまご(原作・嶋田隆司、作画・中井義則)の嶋田氏が10日、自身のツイッターを更新。同漫画のスクリーンショット(スクショ)が、ネット上で投稿されている問題(無断複写)を受け、「オモイヤリ+ヤサシサ+アイジョウ=友情パワー まだ本編を読んでない方のために 友情パワーを。」と同問題の解決に理解を求めた。



【画像】作者が無断複写苦言…「血肉の漫画原稿」連載41年の思いを語る



 同問題は、先日8月31日に319話が連載しているWEBサイト『週プレNEWS』で公開されると同時に、ネット上では必要性以上に作品内容がわかってしまうネタバレ文章や画像が多くあがっていたというもの。特に特定のコマ(画像)をスクショする読者が多かったことから、きょう10日に更新された『週プレNEWS』にて、「とても悲しくなりました」と今の心境を明かした。



 同サイトでは、さらに「私たちの血肉ともいえる漫画原稿のうち一枚が、私たちの意図が伝わらず望まない形でSNSに上げられただけで20ページの原稿をすべて読んだように思われたことも非常に残念でした。20ページすべて読んでくれたら、もっとおもしろいのに」と苦言。



 読者同士の配慮についても指摘し、現在、同作は『週刊プレイボーイ』『週プレNEWS』と、紙&WEBで掲載していることから「人によって読むタイミングも違ってきます。かつて『ジャンプ』で『キン肉マン』をいち早く読もうとしていた少年たちも、自分が読む前に内容を話されたら怒っていたように、今回はその配慮のない行動がSNS上の一部の読者によって引き起こされてしまったのだと、私たちは考えています」と分析した。



 最後に「連載が始まってから41年がたちますが、私たちがやっていることはあのころと何も変わっていません。変わらず、ほかのどの漫画よりおもしろいと思われる作品を毎週懸命に作っているつもりです」とし、「だから皆さんもあのころと同じように、誰かが悲しんだり、怒ったりするような可能性のあることは控えていただき、皆さんがお互い思いやりを持って、楽しんでくれることを願います」と理解を求めた。



 なお、『週プレNEWS』編集部も「『キン肉マン』画像のスクリーンショット投稿について両先生と話し合いを重ねた結果、編集部としても読者の皆様の良識ある行動を改めてお願い申し上げます」と呼びかけ、「たとえ軽い気持ちであったとしても、漫画のスクリーンショットをSNSやブログに著作権者の許諾無く投稿(アップロード)する行為は、法で定める一部の例外をのぞき、著作権の侵害にあたり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償請求の対象となります」と説明。



 「悪質な著作権侵害、ネタバレ行為(文章によるものを含みます)に対しては、発信者情報開示請求をはじめ、刑事告訴、損害賠償請求などの法的手段を講じることもありますので、ご注意ください」と注意喚起した。



 『キン肉マン』は、人間を超越した存在・超人“キン肉マン”こと主人公のキン肉スグルが、仲間の正義超人とともに、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレスを基礎とした格闘ギャグ漫画。



 ゆでたまごによる合作作品のデビュー作で、『週刊少年ジャンプ』で1979年5月から87年5月まで掲載。その後、98年より『週刊プレイボーイ』で『キン肉マンII世』、2011年よりWEBサイト『週プレNEWS』で『キン肉マン』の再復活シリーズをスタート。現在は、『週刊プレイボーイ』と『週プレNEWS』にて、誌面とWEBの両方で同時掲載している。
カテゴリ