映画『ミッドウェイ』豊川悦司、浅野忠信、國村隼らが出演「日本の立場」も描く

映画『ミッドウェイ』豊川悦司、浅野忠信、國村隼らが出演「日本の立場」も描く

 映画『インデペンデンス・デイ』(1996年)などローランド・エメリッヒ監督が、20年に及ぶリサーチを経て完成させた映画『ミッドウェイ』が、きょう11日より全国公開。日本軍の実在する将校を演じた豊川悦司(山本五十六海軍大将)、浅野忠信(山口多聞少将)、國村隼(南雲忠一中将)という日本を代表する俳優たちの出演シーンをピックアップした映像が到着した。



【動画】映画『ミッドウェイ』日本の映画のようなシーンも



 ローランド・エメリッヒ監督が「撮影の最後3週間は日本映画だった」と語るように、本作では日米両軍が同じ人間として、公平な視点で描かれている。解禁された映像では、山本五十六が太平洋艦隊情報主任参謀のレイトン少佐(パトリック・ウィルソン)が当時駐日大使館付き武官補として来日し、交流したシーンを通して、「日本の立場」を表現。



 米国への留学と駐在経験がある山本を演じた豊川が流暢な英語で「危うくなれば思い切った手段に訴えざるを得ない。我々を追い詰めるな」と凄みのある演技でレイトンを威圧するシーンは必見だ。



 エメリッヒ監督も初体験となった日本人キャストへの演出について「通訳を介しての演出だから難しい面もあった。言葉が分からない撮影で、その都度、日本のアドバイザーに良かったかどうか尋ねるんだ。でも良い演技は感覚的にわかったよ」と手ごたえを感じたという。



 「共演シーンがなかったアメリカ側の俳優たちも、初めて試写で日本のパートを観て感激していたんだ」と絶賛。エメリッヒ監督が20年に及ぶリサーチを経て「日本の立場を理解し、正しく戦争を描いた」と自負する、本作の全貌が日本の劇場で明らかになる。

カテゴリ