柴咲コウが25年ぶりに目覚める 『35歳の少女』クランクイン

柴咲コウが25年ぶりに目覚める 『35歳の少女』クランクイン

 女優の柴咲コウが、10月10日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』(毎週土曜 後10:00)のクランクインを迎えた。不慮の事故により10歳で突然、眠りにつき、25年ぶりに目覚めた主人公“35歳の少女”望美を演じる柴咲が、関東近郊のスタジオで撮影をスタートさせた。



【場面カット】まるで“眠り姫”のような柴咲コウ



 今作は『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが集結し、『〇〇妻』以来、5年ぶりに柴咲コウと脚本家・遊川和彦氏のタッグが実現。撮影では脚本はもとより、プロデューサー、監督を含め、5年前の『〇〇妻』と同じ座組ということもあってか、柴咲はリラックスした表情を見せていた。



 「本日より『35歳の少女』クランクインです!望美役柴咲コウさんです!」と紹介され、笑顔で病室のセットに上がる柴咲。クランクインのシーンは望美が、25年ぶりに目覚めた数日後、消灯した病室内でひとり眠れずにいる、心は10歳の望美が、窓に映った35歳の自分を見て、耐えられず目を閉じるというシーン。緊張感のある場面ながら和やかに進行した。



 大平太プロデューサーは「2年以上前から、遊川さんと温めていた『35歳の少女』の撮影が、遂に始まりました。この企画が始まった頃は、もちろん『コロナ禍』など、想像もしていませんでした。けれど、どんなにつらい状況でも、何とか前を向いて、小さな希望を見つけながら生きていこうとする主人公の姿は、今の僕たちに、何かを教えてくれるはずです」と力を込める。



 「外見は、35歳、でも、中身は、10歳の少女という難しい役を、柴咲コウさんは、見事に演じています。1日も早く、1人でも多く、その姿を観ていただきたいです。ついに、主人公、望美は、目覚めました!」と早くも手応えをにじませている。



 また、同日にこのドラマの“始まり”ともいえる、望美が25年ぶりに奇跡的に目を覚ますシーンも撮影。望美の母・多恵役の鈴木保奈美、妹・愛美役の橋本愛、父・進次役の田中哲司と、望美の“家族”も続々とクランクインを迎えた。
カテゴリ