【麒麟がくる】ユースケ・サンタマリア、狡猾さを増す朝倉義景

【麒麟がくる】ユースケ・サンタマリア、狡猾さを増す朝倉義景

 NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。キャストビジュアル第2弾として、今週はユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景が登場。「狡猾な越前戦国大名」とコピーにもあるように、曲者感あふれる顔つきになっている。



【写真】第23回(9月13日放送)見どころ満載場面写真



 朝倉義景は、明智光秀(長谷川博己)が、斎藤高政(伊藤英明)の手を逃れて入った越前を支配する戦国大名。室町幕府からの名家で、一乗谷を中心に小京都ともいうべき美しく豊かな国・越前を思うがままに営んでいる。京とは距離を置いてつきあっているが、幕府と懇意な光秀を利用しようとする。



 第22回(8月30日放送)では、細川藤孝(眞島秀和)が突然、やって来て、将軍・足利義輝(向井理)の話し相手として光秀が京に招かれると、義景は「京で見たこと聞いたこと、逐一知らせるのだ」と命じ、「そなたの家のことは案ぜずともよい。留守の間、この儂(わし)がしかと面倒みるゆえ、心置きなく行ってまいれ」と、親切心を装いながら、狡猾そうな表情を浮かべていた。光秀にしてみれば、家族を人質に取られたようなものだ。



 後半の物語に向けて、ユースケは「義景が変貌していきます。毎週いい感じで、キャラ変します(笑)。演じながら、自分のことを『怖っ!』と思うほど、じつにいろいろな顔が出てきます。また、朝倉景鏡役の手塚とおるさんとの共演で、朝倉家がより謎な感じになっていくので、お楽しみに!」(公式ツイッターより)と、コメントしている。
カテゴリ