東京ポートシティ竹芝オフィスタワーに「ブルーボトルコーヒー」がOPEN!

東京ポートシティ竹芝オフィスタワーに「ブルーボトルコーヒー」がOPEN!


2002年にアメリカ・カリフォルニアで誕生した「ブルーボトルコーヒー」の新店舗が、9月14日(月)、「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」内にオープンする。

竹芝駅直結の新施設内にオープン


「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」は、9月14日(月)に開業する新施設。ゆりかもめ竹芝駅直結で、オフィスのほか、都立産業貿易センターや貿易関連のコンファレンス会場を備えている。

その「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」の3階にオープンするのが、「ブルーボトルコーヒー 竹芝カフェ」。

天井が高く開放的なカフェの店内は、海と船から白い帆がたなびくヨットの甲板をイメージ。実際にヨットの甲板に用いられる技工を使用して作られたシェアテーブルや、外の庭や空が見えるように外向きに設置された1人掛けのソファなどが置かれ、室内にいながらテラスでゆったりとくつろいでいるような気分が味わえる。

竹芝カフェ先行発売の「グラノーラスティック」も!



メニューは、丁寧にハンドドリップされたコーヒーやエスプレッソドリンクはもちろんのこと、竹芝カフェ先行で発売される「グラノーラスティック」や、仕事後にぴったりな「ブルーボトルコーヒー ペールエール」、注文後に焼き上げる「リエージュ ワッフル」などもラインアップしている。

皆でシェアするならBoxも!



また、竹芝カフェでは、淹れたてのハンドドリップコーヒーやコールドブリューコーヒーを持ち帰り専用容器(返却不要)に入れた「Blue Bottle Coffee Box」を先行発売。

このボックスにはカップやリッドのほか、シュガー、マドラー、バンブーストロー、ペーパーナプキンなど必要なものが全てセットされているので、会議やパーティー、アウトドアなど、さまざまなシーンで利用が可能。価格は、「DRIP COFFEE(ホット・約10杯分)」がブレンド3,000円/シングルオリジン3,500円、COLD BREW(水出しコーヒー・約8杯分)3,500円となっている。

■「ブルーボトルコーヒー 竹芝カフェ」
住所:東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー 3階
カテゴリ