駄菓子大好き残念美人『だがしかし』枝垂ほたるは謎だらけ

駄菓子大好き残念美人『だがしかし』枝垂ほたるは謎だらけ

お菓子の大手企業「枝垂カンパニー」の社長令嬢、枝垂ほたる(しだれ ほたる)。


鹿田ヨウをスカウトしようと「シカダ駄菓子店」に乗り込んできたが、その息子、鹿田ココノツの才能にほれ込み、そちらへ乗り換える。

「超」が付くほどの駄菓子好きで、駄菓子の話になると我を忘れ、ハイテンションになることから、残念美人に分類されている。


そんな「枝垂ほたる」とは、いったい何者なのでしょうか?


■豊富な駄菓子の知識

なぜかライバル会社のトリビアに長けている。

笛ガムの笛が鳴る仕組みだとか、怖い話ガムの怖い話は、社員が考えているだとか、企業秘密では?と思えるようなライバル他社の内情に詳しい。


■服装

夏も冬も変わらず、いつも胸を強調したゴスロリファッションを着込んでいる。

一見、同じ服を着ているように見えるが、ブラウスとスカートに関しては毎回微妙に違うので、その辺も注意するべし。


髪型もちょくちょく変えてくるが、誰も気づかないのか、触れないだけなのか?


■目的はスカウトなのに

町に豪邸を構えている。

このことから永住する気満々のようにも見える。

社長の父親から相当な援助を受けているようだが、そこまでして鹿田を狙う目的とはいったい?


画像引用元:©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子
■神出鬼没

たいがいシカダに押しかけてくるが・・・。

一旦引き上げたかと思うと、仕切り直して、すぐに引き返してくることも。


駅の待合室に現れたり、夜中に一人でランニングしていたりする。


別作品の「たくのみ。」にて幼少時のほたるが登場したこともある。

「たくのみ。」の主人公のみちるの回想の中で、岡山の駄菓子屋で子供の頃のみちるとニアミスしている。


ある日突然、失踪したりすることもある。


■枝垂ほたるの年齢は?

年齢不詳。

アラサーとの噂。

サヤ師と「干支が同じ」発言があり、一回り年上と推測されている。

桜餅の変遷を子供の頃から、リアルタイムで体感しているところから、年齢を推測できるとも。


駄菓子大好き残念美人『だがしかし』枝垂ほたるは謎だらけ画像引用元:©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子
■好きな男性のタイプは?

フライドポテトのパッケージに描かれているポッチ君。

ココノツに気がある素振りも見せる。



つかみどころがない枝垂ほたる。

見れば見るほど、この人いったい何者?

そんな謎めいた残念美人ほたるさんと、駄菓子をオッティモしたいですね。


駄菓子が食べたくなるアニメ~だがしかし





妖しい魅力を持つ『眼』… 三白眼キャラって結構多い!





(あにぶ編集部/百百太郎)
カテゴリ