伊藤健太郎、“月9”初出演 新・旧“カンチ”織田裕二とも初共演「すごくうれしいです!」

伊藤健太郎、“月9”初出演 新・旧“カンチ”織田裕二とも初共演「すごくうれしいです!」

 俳優の伊藤健太郎が、21日放送のフジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ2』第11話ゲストとして出演することが、わかった。伊藤の同枠出演、主演の織田裕二との共演もこれが今回が初めて。織田が主演し、大ヒットしたトレンディードラマの金字塔『東京ラブストーリー』のリメイク版では、織田と同じ永尾完治役を演じている伊藤。新・旧“カンチ”の対面が実現した。伊藤は「不思議な気持ちになりました。『東京ラブストーリー』という作品で同じ役を演じさせてもらった方とご共演させていただくことは、すごくうれしいです!」と喜びを語った。



【場面カット 】『SUITS』第11話に登場する伊藤健太郎



 そんな伊藤が演じるのは、「幸村・上杉法律事務所」の最重要クライアントのサタケ・コンサルティンググループの社長の息子・佐竹信吾(さたけ・しんご)。信吾は、友人とのパーティ帰りに交通事故を起こしてしまい、織田演じる甲斐に弁護の依頼をする。果たして、信吾が起こしてしまった事故の真相とは…。



 出演決定を受け伊藤は「お話が来た時は、“僕が!?”って思いました(笑)。シーズン2になる程の人気のドラマに出演させていただくのは、素直にうれしかったです。また、織田さんとご一緒できるのはとても光栄だなと思います」と共演に歓喜。「僕が出演する作品は学園モノが多く、何かの職業を題材にしている作品はとても新鮮に感じます。いざ、『SUITS/スーツ』の世界に入ってみて、『うわっ!本物だ!』って感じました(笑)」と率直な感想を語った。



 そして「親のすねをかじっているような少し情けない学生を演じます。その子が、どういうことをしてしまうのかを楽しみにしていただければと思います。また、『東京ラブストーリー』を見て下さった方には、時代を超えた共演を楽しんでいただけるのではと思います。ぜひ、第11話をお見逃しなく!」と視聴者に向け、メッセージを送っている。



 第11話では甲斐によって不正を暴かれた上杉(吉田鋼太郎)は、『幸村・上杉法律事務所』の代表を解任され、再び追放させられる。しかし、本当にこれですべてが終わったのだろうか―。方、大輔(中島裕翔)は、幼なじみで既婚者の怜(吉谷彩子)と関係を持ってしまう。だが、そこに真琴が訪ねて来て、怜とのことを知られてしまった大輔。あくる日、真琴に弁解しようとするも、冷たくあしらわれるのだった。関係修復を図りたい大輔だったが、突如、甲斐から緊急の呼び出しを受けてしまい…。
カテゴリ