玉城ティナ、GP帯連ドラに初レギュラー出演 『極主夫道』でオリジナルキャラ「ひとつのスパイスとなれるよう頑張ります」

玉城ティナ、GP帯連ドラに初レギュラー出演 『極主夫道』でオリジナルキャラ「ひとつのスパイスとなれるよう頑張ります」

 女優でモデルの玉城ティナが、10月11日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)に出演することが、わかった。GP(ゴールデン・プライム)帯連ドラにレギュラー出演するのはこれが初めてとなる。ドラマオリジナルキャラクターの、純喫茶でアルバイトをする女子大生、大前ゆかりを演じる。



【場面カット】”コワモテ元極道”玉木宏の料理姿



 今作は『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で第2位、累計200万部突破のおおのこうすけ氏による人気漫画『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)を実写化。コワモテだけど、愛情深くて実はかわいらしい元最強の極道“不死身の龍”(玉木宏)が、専業主夫の大変さや楽しさを知りながら、トラブルや悩みを爽快に解決する仁義なきヒューマン任侠コメディー。



 オファーを受け改めて原作を読んだという玉城は「すごく元気が出ましたし、とても面白い作品だと感じました。ゆかりは原作には出ていないのですが、ドラマをさらに面白くするスパイスとなれるよう、ゆかりという役に演じられればいいなと思います。お話を聞いた時は、純粋にうれしかったです」と感想を語る。



 そんな玉城が演じるゆかりは強面の龍にも物怖じせずに接するキャラクター。玉城は「周りからは言動がストレートすぎる様に見えてしまうかもしれないのですが、自分の道を真っすぐ進んでいるだけなんです。人の顔色を伺うというより、自分の信念に基づいて生きている女の子かなと思います」と紹介。

 

 「そうそうたるキャストの方々の中で私もひとつのスパイスとなれるよう頑張りますので、楽しんでもらえればと思います。これからまだまだ撮影は続きますが、私も一視聴者として早く見たい気持ちでうずうずしています。早くみなさんに届けたいです。頑張ります」と意気込みを語っている。
カテゴリ