カズレーザー、難解ノーラン作品を優しく解説「相対性理論では…」 磯村勇斗もナットク

カズレーザー、難解ノーラン作品を優しく解説「相対性理論では…」 磯村勇斗もナットク

 お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー、俳優の磯村勇斗が15日、都内で行われた映画『TENET テネット』(9月18日公開)の公開直前“逆行体験”イベントに参加。カズのわかりやすい解説に磯村はうなずくばかりだった。



【動画】逆再生クイズに挑戦するカズレーザー&磯村勇斗



 本作は『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』『インターステラー』『ダンケルク』と斬新なアイデア、驚異的ビジュアル、圧倒的なリアリティで、観客に新たな世界を体験させ続ける“世界でも最も次回作が期待される”クリストファー・ノーラン監督の最新作。



 名もなき男(ジョン・デイビット・ワシントン)が、突然、時間のルールから脱出し、第三次世界大戦から人類を救えというミッションを命じられる。キーワードは〈TENET テネット〉。名もなき男は、相棒(ロバート・パティンソン)と共に任務を遂行し、大いなる謎を解き明かす事ために……という内容。



 ノーラン監督についてカズは「毎回、自分のハードルをすげー上げる人」と称する。「めちゃめちゃ難しい。『インターステラー』ですら超難しいのに、うまい具合に料理している。どんどん難しくなるじゃないですか。SFで科学リテラシーが上がっているから『おかしい』『無理なんじゃないの』って言いたがるのに、有無を言わせず持っていくパワー。スゴいですよね」と脱帽する。



 一足早く2人は鑑賞。磯村は「ずっと観たかったので、どうにか早く観れないかと思っていたら機会をいただいた」とにっこり。カズは「タレントやっていてよかったですね」と同調していた。



 時間の逆行がテーマ。磯村は「自分で大丈夫かなと思うぐらい脳の処理が追いつかなかった。ある程度はわからせてくれるけど、最終的にどういったことなのかは『あなたたちが考えてくださいね』という提示の仕方をしてきた。しっかり考えることが大事。考えて観なければと思いつつも直感も大事」と熱く語り、カズは「全部は説明してくれない。いいところで突き放す。いい女のやり方ですね」と口にした。



 一方のカズは「僕は直感的に思ったのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『ターミネーター2』を混ぜて『カメラを止めるな』をぶちまけたような。全部のいいところ取り」と熱弁。「難しい。ついていかなきゃなと思わないと、すぐに置いていかれる。別に、置いていかれたとて、めちゃめちゃ面白い。そこがにくい。最悪、酔っ払ってても派手だから面白い。全部、監督の手の上で転がさせれている」と、うなった。



 そして「ノーラン監督はウソのつき方がうまい。『これはSF上のトリックです。矛盾が1個あります。そこは考えないで許してください』というのを1個だけ作る。最初の方で主人公が何が起きているかわからない時に『考えなくていい感じて』と言ってくる。それが、この映画のメッセージ。逆行状態でも、ものが見えるのは光は逆行していないとなる。それは相対性理論でおかしな話になる。それ以外はキッチリはめ込む。すごく丁寧なんですよね」とノーラン監督作品の魅力を優しく解説。磯村もうなずいていた。

カテゴリ