滝藤賢一、伝説の極道役で玉木宏と“双璧”「こんなにカッコイイ役が回ってくるとは…」

滝藤賢一、伝説の極道役で玉木宏と“双璧”「こんなにカッコイイ役が回ってくるとは…」

 俳優の滝藤賢一が、10月11日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)にレギュラー出演することが、わかった。主人公で不死身の龍と恐れられた“元極道”ながら今は専業主夫の龍と双璧をなす伝説の極道“剛拳の虎”こと武闘派・虎二郎役に起用された。滝藤は「まさか43歳にして、こんなにカッコイイ役が回ってくるとは、夢のようです(笑)」と歓喜のコメントを寄せている。



滝藤賢一演じる虎二郎の原作イラスト



 滝藤は「以前、中山(喬詞)プロデューサーから、玉木さんと瑠東(東一郎)監督とドラマをやると聞いていたので、何かしらの役をやらせてもらえればという思いはあったんですが、まさか玉木さんと相対するような役とは思っていなかったので、正直驚きました」とオファーの感想を明かす。



 ある事件を起こし、服役していた虎二郎だがなぜか現在は、一人で露店クレープ屋を営む…という設定で龍の壮絶舌戦もみどころとなる。このほど龍に負けず劣らずのインパクト大なビジュアルも解禁された。



 「すごくうれしかったのですが、体を鍛えないといけないことと、カツラの問題もありましたし、方言も広島弁ということで、いろいろ超えなければいけないハードルがいっぱいあり、大変なことになるだろうな、と思いました」と戦々恐々。だが虎二郎役について「正直、めちゃくちゃカッコイイですよね。漫画原作も読みましたが、虎二郎以外考えられなかったです」とすっかりその魅力にとりつかれたよう。



 視聴者に向け「日曜日の夜ということで、家族みんなで見られるような、とてもポップでかわいらしいキュートな作品になっていると思います。楽しんで見ていただけたらうれしいです」と呼びかけている。
カテゴリ