もっとやり取りしたいのに…男性のLINE不精って治るの?

もっとやり取りしたいのに…男性のLINE不精って治るの?

彼のことは好きだけど、もうちょっとマメにLINEしてくれたらいいのに……。


そんな願いは、かなうのでしょうか?


LINEは使うけど、女子とのコミュニケーションをLINEでするのはちょっと苦手な男性たちに「彼女が、もっとLINEしてといったらマメになれる?」聞いてみました。



ムリ派の答えその1.「業務連絡だから」


「もっとLINEしてよと言われるけど、彼女だけじゃなく友達や親とも必要な連絡にしか使ってない。LINEに返信するのはいいけれど、『自分からもLINEして』って言われるとかなり厳しいです。ごめんね」(30歳・男性)


「LINEは周囲に合わせて連絡用に使うだけ」というタイプの男性も多いです。そんな彼らにとってはLINEはコミュニケーションツールではありません。


「もっとLINEしてよ」と言われても戸惑ってしまうそう……。


LINE=愛情表現ではない人もいます。会えば優しい彼ならば、LINEにこだわりすぎないことも大事です。


ムリ派の答えその2.「文章が面倒くさい」


「LINEで文章をこまごまとやり取りするのが苦手。文字数とか微妙なニュアンスで女子が怒るし。通話のほうが情報量も多くない?どうしても文章じゃないとダメ?」(24歳・男性)


テキストで、未読・既読を気にしながら感情のやり取りをするのは面倒だけど、リアルタイムで話すのはいい……。そんなタイプの男性も。


「LINEは連絡用」タイプよりも、頑固さは少ないけど、面倒くささに弱いのは同じです。


LINEを使うにしても、通話メインにするとか「スタンプのみの返信もOK」など、歩み寄るといいでしょう。


ある派の答えその1.「彼女が寂しがってるって知らなかった」


「デートは週1で、彼女も『デート楽しかった!』って言ってくれるからそれで満足してるのかと思ってた。でも、『たまにはLINEでかまってくれないと寂しい』って言われたから、最近はこまめに送ってます」(29歳・男性)


LINE不精な男性の中には、そもそも彼女がそんなにLINEのコミュニケーションを大事にしてると思っていなかったという人も!


女子は「寂しいのに放っておかれてる」と思いがちですが、「LINEすれば喜ばれるって知ってれば、もっとしたのに」という男性も多いんです。


「もっとLINEしてほしい」というだけで、LINE不足が解決するかもしれませんよ。


ある派の答えその2.「何を送ればいいかわかってると楽」


「僕が彼女にLINEしなさ過ぎて『気分が乗ったらスタンプを返してくれたらうれしい』と言われたので、そうしてます。やってみたら、どうでもいい話をするのって結構楽しい。今では自分からも雑談LINEを送るように」(26歳・男性)


「もっとLINEしてと言われても、用なくない?」と考えている男性も少なくありません。


具体的に「こういうのを送って」と伝えることでLINE不精が解決する場合も。


「LINEは面倒」というハードルを下げるのが目的なので、丁寧さは求めないこと、また「送ってくれたのはいいけど、ほんとに一言だね」などと文句を言わないのがポイント。


彼がLINEのやりとりに慣れることで、雑談LINEを楽しんでくれるようになるかも。


要求をはっきりさせれば「あり」に転じることも


LINE不精な彼は、もともとは「LINEの頻度=愛情」という考えを持たない人が多いです。


さらに「面倒」「何を送ればいいかわからない」と苦手意識を持っていることも。


女子が「これを送って」「こうしたら私は喜ぶ」とコツを伝授で解決するLINE不精もありますよ。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ