山本美月&三吉彩花&満島真之介&竜星涼“COACH×BASQUIAT”魅力を発信

山本美月&三吉彩花&満島真之介&竜星涼“COACH×BASQUIAT”魅力を発信

 ハースト婦人画報社が発行するデジタルメディア『エル・オンライン』と『エスクァイア・デジタル』が、ファッションブランド『コーチ』から誕生した、アーティスト ジャン=ミシェル・バスキアのアートワークをあしらった、2020年フォールコレクションの魅力を伝えるスペシャルコンテンツを18日から配信する。



【写真】ツインテール姿でキュートな”魔法少女”の世界観を表現した山本美月



 『エル・オンライン』では山本美月と三吉彩花、『エスクァイア・デジタル』では、満島真之介と竜星涼を起用し、ぞれぞれの観点からファッションとアートを見事に融合させた本コレクションに込められたメッセージをひも解く。



 山本と三吉が登場する『エル・オンライン』では、それぞれにこのコレクションをまとい、自身も絵を描く山本は「アート」について、三吉は「コーチ」とバスキアが誕生した地でもある、お気に入りの「ニューヨーク」についての思いを語る。



 さらに、作家の朝吹真理子氏と、昨年、日本で開催された『バスキア展 メイド・イン・ジャパン』を監修した美術史家の宮下規久朗氏の2人が、それぞれが考えるバスキアの魅力、アートとファッションが融合することで生まれる楽しみを語り合うインタビューも掲載する。専門的な立場から、文学×アートのクロストークを繰り広げる。



 一方、『エスクァイア』では、1回目の公開で満島、2回目の公開で竜星が登場。コーチ クリエイティブ・ディレクターのスチュアート・ヴィヴァース氏が語る「バスキアは究極のカルチャーアイコンであり、ニューヨークのような場所で育まれた、異端な創造力のシンボルです」のメッセージをキーに、満島と竜星の2人に異端なる創造力を宿した『コーチ』最新コレクションを身にまとい、そこで体感した思いを語る。



 また、ニューヨーク在住のコラムニスト・黒部エリ氏が、「コーチとバスキア」をテーマに寄稿。この最新コレクションのランウェイを実際に現地で観たときの感動とともに、ニューヨークの「異端児」バスキアの魅力、そしてニューヨークの「伝統」と「革新」を融合し続ける『コーチ』、この2つの衝突から生まれた感動に満ちたコレクションに関して、ニューヨークの温度感でつづっている。



■山本・三吉・満島・竜星コメント※インタビューより抜粋



【山本美月】

「実は初めてボーイフレンドからもらったプレゼントが『コーチ』のパスケースだったんです。シンプルで使いやすくて、学生時代ずっと愛用していました。…子供のころ、母がトートバッグや上履きにセーラームーンなどを書いてくれたのが私のアートの原体験かもしれません。蚤の市で買ったヴィンテージのバッグをずっと取ってあるので、好きな色を混ぜて、絵具をさらっと置くイメージ。早く取り掛かりたいです!」



【三吉彩花】

「NYを代表するブランドであり、自由なスピリットを象徴する存在。普段はシンプルな装いが多いので、今回のウィットに富んだバッグを着こなしのアクセントに取り入れてみたい。コロナが落ち着いたら、プライベートでNYに行きたいですね」



【満島真之介】

「コーチによってバスキアの生きていた証しみたいなものが今の時代につながっているというこの事実は、僕にとってとても勇気を与えてくれるんです。そう、コーチによって、バスキアの魂が現在にふさわしいカタチでよみがえったと言ってもいいですね」



【竜星涼】

「ファッションとアートの融合はどの時代にもあって、それによって僕らもアートというものをもっと身近に感じられたりする。だから、コーチのような大きなブランドがアートとコラボレートして世の中に投げかけるということは、特に若い世代にとってすごく意味のあるものだと思います」
カテゴリ