テレ東『家ついて』10月から勝負の2時間編成 ビビる大木&矢作&狩野アナがMC

テレ東『家ついて』10月から勝負の2時間編成 ビビる大木&矢作&狩野アナがMC

 テレビ東京は18日、リモートで10月編成説明会を行い、現在放送中のバラエティー番組『家、ついて行ってイイですか?』の放送時間を10月7日から2時間に拡大すると発表した(毎週水曜 後9:00~10:54)。



【写真】第1回テレ東ファンミーティングの模様



 番組では、終電を逃した人に、タクシー代を払うので「家、ついて行ってイイですか?」とお願いして、家について行くという完全素人ガチバラエティー。「誰もが皆、一見フツーでも、ぜんぜんフツーじゃない人生ドラマを持っている!」をテーマに、市井の人々の人生譚をのぞいていく。



 10月7日からはビビる大木、おぎやはぎの矢作兼、狩野恵里アナがMCを担当。番組プロデューサーは「2014年1月に生まれた番組も今年7年目を迎え、番組ディレクターが取材させていただいたお宅は1万軒を超えました。計算上『家、ついて行ってイイですか?』とお声がけした方はその30倍は下りません!」とこれまでの歴史を回顧。



 続けて「誰の人生にも必ず名曲『Let It Be』がかかる時があるはず…番組はその瞬間に寄り添えたらと思っています。(きこえますか… コロナ禍でお家時間が増えたみなさんの心に直接語り かけています…この状況下で… 番組は2時間に拡大してしまいます…なにとぞ…何卒ついて行かせてください……)」と呼びかけている。



 10月クールのキャッチフレーズは「観たらますます面白い テレ東」で、新しい生活が始まる中で、番組の中身で勝負するテレ東の魅力をより知ってもらいたいとの思いを込めた。
カテゴリ