その恋、難しいかも…男性が脈ナシの時にだけする発言

その恋、難しいかも…男性が脈ナシの時にだけする発言

気になる人はいるけど、脈アリかどうかがわからずモヤモヤ……。


直接「好きなの?」と聞けたら楽ですが、そう簡単にいかないからもどかしいもの。


そんな悩みを抱える女性へ向けて、男性が脈ナシの時にだけする発言を4つご紹介していきます。


男性の脈ナシにいち早く気付いて、次の恋のチャンスを逃さないようにしましょう。



好きな女性の話をする


多くの男性は、本命女性の前では「他の女性の存在」を匂わせようとはしません。


「〇〇ちゃんって可愛いよね」「この間〇〇と出かけたんだけど……」というような、他の女性の影が彼の発言から分かる場合は、その恋は諦めた方がいいかもしれません。


さらに彼から恋愛相談されたとなると、脈ナシの可能性は限りなく高いでしょう。


好きな女性の話をするくらい打ち解けているのは素敵ですが、それは恋愛対象としての仲の良さではありません。


恋愛事情も素直に話せるくらい「信頼できる友達」といったところでしょうか……。


彼にとってはおそらく心の拠り所の一つではありますが、恋愛に進展する見込みは薄いため期待しすぎない方がベターです。


過去の会話を忘れて質問する


本命女性の発言は事細かに覚えるもの。


逆に、脈ナシの場合は過去の会話を簡単に忘れて、同じような質問を繰り返します。


たしかに、ただ忘れっぽいタイプの男性もいます。しかし、好きな人に対しては「もっと知りたい」「どんな人かな?」と好奇心が湧くため、好みや価値観などの人間性に関わる部分は印象に残っているはず。


もし「趣味は〇〇だったっけ?」「仕事は〇〇だったよね?」と見当違いな発言をされたら、他にも同時進行している女性がいる……とも考えられます。


好きだと「忘れっぽい人だな」とプラスに捉えがちですが、脈ナシかもしれないのを念頭に置きましょう。


「紹介して」と頼む


せっかく仲良くなれたのに「女の子紹介して」と言われると、ちょっと複雑な気持ちになりますよね。


この場合も、残念ながら脈ナシの可能性が高いです。彼は「出会いを提供してくれる良い友達」だと思っているだけかもしれません。


とはいえ、飲み会などをセッティングすると彼と話す機会が持てるため、つい「嬉しい」「仲良くなるかも」と期待しがち。


彼と今後も友達関係を続けていくつもりならば、恋のキューピットになる選択肢もアリでしょう。


しかし、あくまでも恋愛対象として彼と関わっているならば、他の男性にも目を向けた方が辛い片思いをしなくて済むかもしれません。


「友達」であることを強調する


好きな人や気になる人に「気が合う」と言ってもらえるとうれしいですよね。


ところが、「友達」であることを強調する場合は脈ナシかもしれません。


「男友達といるみたいに楽しい」「一番気が合う女友達」「ずっと友達でいよう」こうした発言は、異性として意識していないからこそ出てきます。


もし、心のどこかで「付き合いたい」と思っていたら、「友達」というキーワードは極力使いません。


なぜなら、「友達だよね」なんて言えば、その先のステップに進む可能性を自ら断ってしまうから。恋愛対象外にされるリスクがある発言なのです。


脈アリならむしろ他の女友達とは差別化して、特別な扱いをしようとするでしょう。


早めに気持ちを切り替えよう


好きな人が脈ナシと分かったら、早めに気持ちを切り替えるのが正解。


脈ナシな相手への恋愛感情をどんどん育ててしまうと、付き合えないと分かった時にしんどい思いをします。


中には好きではないのに愛想良く振る舞ってくる男性もいますよね。


男性の態度に戸惑わないためには、今回ご紹介したような脈ナシ発言に加え、態度や振る舞いからも見抜けるようになることが大切。


惚れこむ前に脈ナシに気付いて、次の恋愛へと気持ちを切り替えましょう。


(岡あい/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ