付き合ってから発覚!男性が彼女にガッカリしてしまう理由

付き合ってから発覚!男性が彼女にガッカリしてしまう理由

せっかく好きな人と付き合えても、相手がすぐにあなたのことを好きでなくなってしまったら、悲しいですよね。


そこで今回は、男性に聞いた「付き合ってから彼女にガッカリしてしまうポイント」をご紹介します。ガッカリ防止策も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。



束縛が激しい


付き合ったことで彼への気持ちがより大きくなり、束縛したくなってしまうという人もいるでしょう。


男性側からすると「自立していると思ったのに、どうしていきなり?」と、困惑してしまうのだそう。


ただ、「ヤキモチを妬かれるのは嬉しい」という男性も多いので、不安な気持ちを完全に隠す必要はないですよ。相手が嫌がったり困ったりしない程度になら、気持ちを伝えても問題ないでしょう。


だらしない


一緒に過ごす時間が長くなれば、相手にある程度の「清潔感」や「きちんと感」を求めたくなるもの。


部屋があまりに汚かったり、物や時間の管理がいい加減だったりすると、「気に障ってしまって一緒にいられない」と思われる可能性があります。


だらしなさについて、他人から注意されたことのある人は、気をつけてみましょう。


お金遣いが荒い or 節約しすぎてケチ


「付き合う前のデートは自分でお店を選んで全額奢っていたので、彼女の金銭感覚を知る機会がなかった」という男性は多いです。


実際に付き合って、二人でお出かけ先を決めたり、デート代を出し合ったりすることで、徐々に金銭感覚が合わないことに気づくのだそう。


相手に影響のない場面でなら問題ありませんが、お付き合いの中での金銭感覚の不一致は、別れの原因になりやすいので要注意。


人の悪口をよく言う


付き合って心を許した相手には、ついつい愚痴を聞いてもらいたくなりますよね。


もちろん、悩みや誰にも言えないような気持ちを話して二人の絆が深まることはありますが、人の悪口ばかりを聞かせてしまうのは逆効果。


「人の悪いところばかり見ているのではないか」「自分も他所で悪口を言われているのではないか」と、捉えられてしまう可能性があります。


思い当たる節があれば、少し控えてみましょう。


価値観の合う人を探そう!


「男性が彼女にガッカリしてしまう理由」をご紹介しましたが、束縛・だらしなさ・お金遣い・愚痴のすべてに共通しているのが、「許容範囲は人それぞれ」という点。


無理して相手に合わせるより、初めから感覚の合う人を選ぶほうが幸せになれるかもしれません。そのためには、付き合う前に猫を被りすぎないことが大切!


自然体のあなたと「付き合いたい」と思ってくれる人を選ぶのが、1番のガッカリ防止策です!


(オルカ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ