【麒麟がくる】向井理、義輝の最期「勇ましく散ることができたら」

【麒麟がくる】向井理、義輝の最期「勇ましく散ることができたら」

 NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。20日に放送される第24回「将軍の器」では、三好長慶・松永久秀の子らによるクーデターが勃発。将軍・足利義輝(向井理)の最期が描かれる。演じる向井は「武家の頭領らしく、勇ましく散ることができたらなと思います」と話している。



【写真】義輝の死を知った光秀は…



 「剣豪将軍」とも呼ばれた義輝。今回、殺陣のシーンもあるようで、向井は「義輝について調べる中で、史実のようなものや創作のようなものなどいろいろありました。その中で演出の方に合理性や物語性、そして今回の大河ドラマの目指す所を意識して殺陣を作っていただきました。今までに無い立ち回りになっていますので、細かい部分も見ていただければ幸いです」と促している。



 義輝の死後、ぽっかり空いてしまった将軍の座を巡り、京は弟・覚慶(滝藤賢一)擁立派と義栄擁立派に二分。松永(吉田鋼太郎)と細川藤孝(眞島秀和)は、三好から命を狙われる覚慶を大和から脱出させ身を隠す手助けをする。



 一方、義輝の死を知った明智光秀(長谷川博己)は、松永の元へ向かい、義輝暗殺を激しく糾弾。松永は、越前・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)から届いた文を光秀に見せる。そこには、朝倉家は覚慶が将軍の器であればかくまう覚悟がある、それを光秀に確かめてくるように、と書いてあった。気が乗らない光秀に、松永はこのまま表から身を遠ざけ越前でくすぶっていていいのかと発破をかける 。



 第24回には、朝倉家の家臣で、朝倉家の重鎮である朝倉宗滴(あさくら・そうてき)とともに活躍した山崎吉家(榎木孝明)が初登場。今後、信長との戦いが始まると、主に外交で重要な役割を果たし、光秀の将来にも大きく関わる決断をしていく。 
カテゴリ