大好きな彼とさらにラブラブになったエピソード4選

大好きな彼とさらにラブラブになったエピソード4選

付き合って3ヶ月までは、どんな彼氏と付き合ってもラブラブで楽しいひとときですよね。


新鮮味がよりいっそう、二人の交際を盛り上げているのは周知の事実でしょう。新鮮さがなくなってくると、あとは二人の信頼関係が大事になってきます。


今回は、初々しいカップル期間を抜けた二人が、さらにラブラブになる方法を紹介しましょう。



自分の友達も彼氏の友達も大事にする


「何かあったときに気軽に相談できる相手は、たとえ彼氏とラブラブでも関係を持続した方がいいと思います。彼氏が好きすぎてそこだけに愛情を向けてしまうと、彼氏となんかあったときに重くなりがち。“本当は会いたいけど、予定があって会えない”くらいのほうが、マンネリしないかもしれないですね」(Mさん・21歳女性/大学生)


彼氏のことが好きすぎて、つい重い態度をとってしまうのなら、彼氏以外にも信頼できる人を見つけるのがいいでしょう。


様々な人と交流を持つことで、彼氏とのデートで使えるお店を知ったりと、彼氏との関係をさらに深められますよ。


連絡の回数は気にしない


「付き合ったときは、何回LINEしてても飽きなかったのに交際も慣れてくると、“これくらい連絡しなくていいか”が増えますよね。たまに昔と比べて落ち込むこともありますが、連絡の数にこだわる必要はないと思います。むしろいい距離感を築けていることを喜ぶべきですね」(Iさん・31歳女性/SE)


連絡の回数にこだわるのではなく、何を話すかを大事にしたほうがいいでしょう。


彼氏との交際スタイルに変化があった状況を楽しむべきです。本当に仲がいいカップルほど連絡やデートの回数にこだわらないものです。


浮気を疑うと浮気される


「友達の話ですが、彼氏の浮気を疑ってしつこく追求していたら、彼氏が本当に浮気してしまったようです。浮気していることを疑うというのは、そもそも相手に対して失礼なことですし、彼女と付き合った当初から浮気しようと思って浮気する人ってあんまりいないですよね。大切なのは、他の女性に勝る魅力を磨くことでしょう」(Aさん・26歳女性/介護士)


誰しも相手に疑いをかけられるのは、気持ちがいいものではないですよね。


「自分のことを信じてくれていない」と思えば、寂しく感じるのも事実です。


浮気を疑うくらいなら、自分磨きを頑張ってみること。そのほうが実り多きものになり、彼氏もさらに愛してくれるはずですよ。


一人の人と長く付き合うには、ポジティブシンキングでいきましょう。


一緒にいる時間にスマホを見ない


一緒にいる時間にスマホを見ない


「せっかく時間を作ってデートしているのに、スマホをみられちゃったり、退屈そうにされたりしたら、落ち込んでしまいます。一緒にいる時間はコミュニケーションとりたいですし、SNSに熱心なのは分かるけど、毎度写真に付き合わされるのも嫌です」(Hさん・28歳男性/会社員)


自分は相手との時間を楽しみにしていたのに、相手にはその様子がみられないとなると少し寂しくなりますよね。


一緒にいる時間にSNSに凝るのはやめましょう。思い出をカメラに残したい気持ちはわかりますが、相手が目の前にいないと感じられないライブ感もあります。


相手がまた会いたくなるような、濃い時間を過ごすようにしましょう。


彼氏の態度は自分の鏡だと思うといいかも


彼氏の態度を見て「昔はもっと優しかった」と嘆きたくなる日もあるでしょう。


しかし、そんなときほど自分の振る舞いを振り返ることも忘れてはなりません。彼氏だって、人知れず二人のマンネリに悩んでいるのかもしれません。


誰だって好きな相手に冷たくされたり「昔と違って今の対応は……」と思い悩むことは避けたいものです。


付き合っているのは両思いだからこそ。両思いの文字通り、彼氏に対してまずは自分から真摯に向き合うようにしましょう。


(東城ゆず/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ