TVアニメ『放課後ていぼう日誌』れぽーと10 「のべ竿」【感想コラム】

TVアニメ『放課後ていぼう日誌』れぽーと10 「のべ竿」【感想コラム】

 TVアニメ『放課後ていぼう日誌』れぽーと10 「のべ竿」あらすじ


夏真っ盛り、部室の前に集合したていぼう部の面々ですが、黒岩はやる気がない様子。


一方、陽渚はせっかく暑い中部室に来たので、何か釣りたいと乗り気です。


夏海はルアーでのシーバス釣りを提案しますが、大きいものだと1メートルを超えると聞いて却下する陽渚。すると、やる気のなかった黒岩が「のべ竿」でのウキ釣りを提案するのですが……。


■何を釣ろうかな?

画像引用元:©小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部
暑い中、部室に訪れた陽渚は黒岩部長に今日は何を釣るのかと尋ねます。


しかし、黒岩部長は暑さにやられて、やる気が一切ありませんでした。


陽渚が鬱陶しい黒岩部長は、適当にアジゴを釣ってこいと言いますが、陽渚は別の引きも経験してみたいと口にします。


「じゃあさ!ルアーでシーバス釣ろう!シーバス楽しいぞ!」


夏海の提案に、陽渚は無知の為…大野がすかさず解説を入れます。


大野から、シーバスは大きいと1メートルを超えると聞いた陽渚は、夏海の提案を却下するのでした…。


■狙いは…

TVアニメ『放課後ていぼう日誌』れぽーと10 「のべ竿」【感想コラム】画像引用元:©小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部
議論の末、狙う魚はアジゴと決定。


しかし、以前とは釣り方法が違い、今回は「のべ竿」を用いたウキ釣りでアジゴを釣るという。


早速、説明を受けながら「のべ竿」と仕掛けを用意する陽渚。


のべ竿は数が限られていた為、先輩達2人は見学をする事に。


いざ、餌を付けてキャスティング!


■いつもと違う快感

TVアニメ『放課後ていぼう日誌』れぽーと10 「のべ竿」【感想コラム】画像引用元:©小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部
早速、アジゴが針にかかった陽渚は、勢いよくのべ竿を上に立てます。


とんでもなくしなる竿に「絶対アジゴじゃない!」と口にする陽渚でしたが、黒岩部長は冷静に対応します。


「そのまま竿立てとけば、竿のしなりで自然と浮いて来るけん。あせんなよ」


黒岩部長の言葉を聞いた陽渚は、黒岩部長の言う通りにすることに。すると、アジゴが浮き上がって来ました。あんなに竿がしなっていたのに、いつもの小さいアジゴが釣れた事に驚きを隠せない陽渚。


すると黒岩部長が口を開きます。


「のべ竿は、いつも使う竿よりしなやかで柔らかかけん…あぎゃん曲がっとよ。どぎゃん?ノベウキ。楽しかろ?」


「めちゃくちゃ楽しいです!!」


汗をかきながらも、満面の笑みで陽渚は答えるのでした。


■TVアニメ『放課後ていぼう日誌』れぽーと10 「のべ竿」感想

TVアニメ『放課後ていぼう日誌』れぽーと10 「のべ竿」【感想コラム】画像引用元:©小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部
暑いとやる気が出ない。良く分かります!でも釣りは、太陽が出ていて暑い中にやる方が…かっこいいですよね。


釣りは条件と仕掛けによって、釣れる魚が全く違うのが面白い所です。


のべ竿を使ったウキ釣り…めちゃくちゃ楽しそうですね!


あれだけ竿がしなると…大物を釣っている気分が味わえますし、絶対に楽しい。撒き餌を使ったウキ釣りは、魚も釣れやすいので…誰でも楽しめそうですね!


今までで一番良い笑顔を見せたのではじゃないでしょうか!? 陽渚ちゃん。ここでしか得られない快感。ノベウキ釣りにハマっちゃいそうですね!


しかし、筆者的には大物に挑戦して欲しかったので…シーバス釣りに行って欲しかったなとか思っています。


最終回も近くなっているので、大物を釣り上げて終わって欲しい所です…!


放課後ていぼう日誌 アニメ情報





(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ