子どもから大人まで楽しめる!論理思考を養うボドゲ『ヨメン』が発売

子どもから大人まで楽しめる!論理思考を養うボドゲ『ヨメン』が発売


究極の頭脳戦『タギロン』の作家による、新作の推理ゲームが発売!

幻冬舎が、ボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」が運営するゲームブランド「JELLY JELLY GAMES」とタイアップし、ボードゲーム『ヨメン』を9月24日(木)より全国で発売する。

『タギロン』作家・倉橋良平による新作ゲーム



『ヨメン』は、見えない相手のブロックの形を推理して当てる空間把握の頭脳戦ゲーム。

ゲームデザインを務めるのは、2018年9月に幻冬舎より発売し、累計発行数4万部のロングセラーとなっている『タギロン』の作家・倉橋良平氏だ。

『ヨメン』は、『タギロン』と同じ論理思考のゲームだが、『タギロン』が見えない相手の“数字”を当てるのに対して、『ヨメン』は見えない相手の“立体”を当てることが目的となっている。

空間認識や論理思考を養うにもぴったり



同ゲームでは、形と色がちがう3個のブロックを、 シートの上についたてで隠して配置。お互いに「側面から見えるブロックの色」と「上面から見えるブロックの色」を質問し合い、答えで得た情報から推理して、ついたてで隠れた相手のブロックの形・向きを見破る内容となっている。


計算や知識を必要としないゲームのため、大人はもちろんのこと子どもでも楽しむことができる。また、立体を側面や上面から見る問題は「四方からの観察」といわれ、教育現場で空間認識や論理思考を養う課題として使われていることから、コロナ禍によりおうち時間が増えた子どもの知育ゲームとしても活用できそうだ。

『ヨメン』は全国の玩具店・雑貨店・書店で販売。価格は1,700円(税抜)となっている。

木製ブロックを使った、立体当ての新・頭脳戦ゲームに、子どもから大人まで、おうち時間を使って挑戦してみては。
カテゴリ