細田善彦&大友花恋『35歳の少女』新キャストに 初共演で恋人役

細田善彦&大友花恋『35歳の少女』新キャストに 初共演で恋人役

 女優の柴咲コウが主演する10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』(毎週土曜 後10:00)の追加キャストとして、俳優の細田善彦と女優の大友花恋が出演すること決定した。初共演の2人は恋人同士を演じる。



【場面カット】まるで“眠り姫”のような柴咲コウ



 『家政婦のミタ』『同期のサクラ』などの遊川和彦氏が脚本を手掛ける同ドラマは、『○○妻』以来、5年ぶりに柴咲と遊川氏がタッグを組み、新たに挑むオリジナル作品。10歳で不慮の事故により25年という長い眠りについた“35歳の少女”望美(柴咲)が、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、“時をこえた”成長物語を描く。



 細田が演じるのは、望美の妹・時岡愛美(橋本愛)が務める大手広告会社の営業部の課長で、元恋人の相沢秀男。愛美の重い愛にうんざりし、愛美と別れたが、ストーカーまがいの行動で追い回されている。



 遊川作品に初出演の細田は「遊川さんの作品は子供の頃からたくさん観てきたのですが、実は、この作品のお話を頂く少し前にも過去の作品を改めて観直していたところでした。いつ観ても色褪せることのない作品。その世界に参加させて頂ける事を非常にうれしく思っています」と喜びを語った。



 大友は先輩の愛美から恋人を奪い、現在の相沢の恋人である林田藤子役。大手飲料メーカーの役員の父を持ち、父親のコネで入社。大切に甘やかされて育ったため、周囲がチヤホヤしてくれるのは当然と思っている。



 細田と同じく初の遊川作品、さらに柴咲&橋本と初共演の大友も「1話の台本を読み、自分が自分らしく生きるためのエネルギーがうまく循環しないもどかしさを登場人物全員から感じました。私が漠然と感じていたモヤモヤとした想いは誰もが感じているものなのかもしれない、そしてこれから、そんな想いをこの作品がきっと明るく照らしてくれる、と早速救われこの作品のファンになりました」とコメント。「藤子として、そんな作品の一部になれる喜びと責任をしっかりと噛み締めながら撮影に臨みます!」と意気込んでいる。
カテゴリ