愛情の裏返し?束縛してくる男性の心理4つ

愛情の裏返し?束縛してくる男性の心理4つ

恋人やパートナーの様々な言動を制限する束縛。


実際に束縛されると「これって愛情?それともワガママ?」と戸惑ってしまいますよね。


束縛しやすい男性は「不安を感じやすい性格」の持ち主な傾向があります。


「他の人の男のもとへ行っちゃうかも」「いつか冷められるかも」という不安を解消するために束縛するのです。


ここでは大好きすぎて束縛しちゃう男性心理を4つご紹介。彼の気持ちを知って円満に交際するヒントにしてみましょう。



マメな連絡を求める


連絡がないとすぐに「誰かといるの?」「仕事まだ終わらないの?」「どこにいるの?」と送ってくる彼氏。


会っていないとどんどんネガティブな未来を想像して、不安になってしまうのかもしれません。


時には連絡しないことに対して責められたり……。何も悪いことをしていないと「どうして信じてくれないの?」と思っちゃいますよね。


こうした恋人には、相手が不安を感じるより先に、マメに前向きなメッセージを送るのがおすすめです。彼のネガティブな想像が膨らむ前に先手を打ちましょう。


愛情表現をおねだり


「好き」「愛してる」などの分かりやすい愛情表現は、すぐに不安を解消できます。そのため、不安を感じやすい束縛彼氏は頻繁に愛情表現を求めるでしょう。


もちろん、言葉以外にも様々な愛情の伝え方はあります。


しかし、不安な気持ちや愛されたい願望が強くなると、分かりやすい愛情の形を求めたくなるようです。


束縛しがちな彼には、自分から愛情表現をするように心がけてみましょう。


また、束縛する人は自分に自信がない傾向もあるため、日ごろから「カッコイイね」「頼りになるね」「優しいね」と褒めるのも効果的です。


キスマークをつける


キスマークをつける


急にキスマークをつけられるとビックリしますよね。


「他の男性を近寄らせたくない」などの独占欲からキスマークをくっきりつけるようです。


キスマークは他の男性が見た時に「彼氏がいるんだな」と分かるようにするのが目的。誰かに彼女を取られる不安が大きい時ほど、分かりやすいところに濃くキスマークをつけるでしょう。


とはいえ、服で隠れない首元につけられたり、痛いくらいにキスマークをつけられたら困っちゃいますよね。


我慢できないと思ったら「仕事で人と接するから本当に困るの」「痛いから優しくしてくれると嬉しいな」など、理由と一緒に伝えましょう。


「やめて」と言うだけだと「愛情を拒まれた」と思ってしまうため、なぜ困るのかを教えるのがポイントです。


率先して送り迎えする


友達との遊びや飲み会の行き帰りに、わざわざ車で送り迎えしてくれる彼氏。献身的な姿勢からは「優しさ」や「思いやり」が感じられますよね。


しかし、その背景には「優しさ」だけでなく“自分が安心するため”という目的が隠れているかもしれません。


「他の男性といい感じになっていないか」「一人で帰宅するのか」「そもそも本当に友達と会ってるだけなのか」


こうした不安要素があるからこそ、自分の目で見て彼女の潔白を確かめたいのです。


そのため、もし彼が送り迎えしてくれる場合は、遠慮しすぎない方がいいかもしれません。断ると彼は不安を解消する術が無くなってしまいます。


束縛しやすい彼氏と上手に付き合おう


束縛しやすい人の「不安を感じやすい心理」は、叱ったり注意する方法ではなかなか変わりません。


「彼はそういう性格なんだ」と認識したうえで、彼を不安にさせにくい付き合い方を試していきましょう。


また、受け入れてOKな束縛のボーダーラインを決めておくことも大切。なんでも受け入れすぎると今度は自分が辛くなってしまいます。


お互いが心地よく関わることができる距離感やコミュニケーション方法を見つけましょう。


(岡あい/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ