映画『事故物件』亀梨和也の演技力に原作者・松原タニシ脱帽「細かすぎて伝わってしまう」

映画『事故物件』亀梨和也の演技力に原作者・松原タニシ脱帽「細かすぎて伝わってしまう」

 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が主演を務める映画『事故物件 恐い間取り』大ヒット記念ティーチインイベントが23日、都内で行われ、中田秀夫監督と原作者の松原タニシが登壇した。



【写真】独特な犬柄シャツ?亀梨の演技を絶賛した松原タニシ



 同作は殺人・自殺・火災による死亡事故などがあった“いわくつき”の部屋『事故物件』に住み続ける“事故物件住みます芸人”として活動する松原の実体験によるベストセラーノンフィクション『事故物件怪談 恐い間取り』を実写化。『リング』シリーズや『スマホを落としただけなのに』シリーズなどで知られる、中田監督がメガホンをとった。



 松原は、今作の反響について「たくさんのみなさまの感想を見させてもらっているんですけど『亀梨くんがタニシに見えてきた』っていうのがありまして」と恐縮。「4回見させてもらったんですけど、見えてきますね」と笑わせながら「亀梨さんの細かすぎて伝わってしまうものまね。細かいところまで努力されている演技力に脱帽しました」と絶賛した。



 観客から「お気に入りのシーン」について向けられると、松原が亀梨の表情について「あの顔ができるアイドルって、なかなかいない」と語ると、中田監督も「メイクで少し青く灰色みたいにしているんですけど、表情自体は亀梨さんによるものなので、あそこまで突き抜けてやってくださるのは見事ですね」と賛辞を送っていた。
カテゴリ