King Gnu『35歳の少女』に主題歌書き下ろし 常田大希「また新たな一歩を踏み出す」

King Gnu『35歳の少女』に主題歌書き下ろし 常田大希「また新たな一歩を踏み出す」

 4人組バンド・King Gnuが、10月スタートの柴咲コウ主演ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系/毎週土曜 後10:00~)の主題歌を担当することが24日、発表された。ドラマのために、1月発売のアルバム『Ceremony』以来となる新曲「三文小説」を書き下ろした。



【画像】柴咲コウが堂々と!ドラマのポスタービジュアル



 『家政婦のミタ』『同期のサクラ』などの遊川和彦氏が脚本を手掛ける同ドラマは、『○○妻』以来、5年ぶりに柴咲と遊川氏がタッグを組み、新たに挑むオリジナル作品。10歳で不慮の事故により25年という長い眠りについた“35歳の少女”望美(柴咲)が、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、“時をこえた”成長物語を描く。



 かねてからKing Gnuの才能に惚れ込んでいだ大平太プロデューサーが、「このドラマのために、新曲を作ってほしい」とオファーし、タッグが実現。ドラマの台本を読み込んだKing Gnuの常田大希が、大平P、さらに脚本家の遊川氏を交えディスカッションを重ねて、書き下ろした楽曲だ。



 常田は「2020年、我々King Gnuはアルバム“Ceremony”をリリースして以降、一曲たりとも新曲をリリースせずに、じっくりと自分達の生き方を見つめ直してきました。そんな中でこの“35歳の少女”という素敵な作品と巡り合いまた新たな一歩を踏み出す訳です。ご期待ください」と沈黙を破っての新曲発表についてコメント。



 楽曲を聴いた主演の柴咲も「失われた25年間を懸命に生きている役を演じるいまの私には、沁みすぎる歌だ。毎日を、揺らぎながらも頑張って生きている自分を、自分以外の誰か、一人でいい、少しでいい。理解してくれる人がいたら、それは、とても有難く幸せなことなんだ。『35歳の少女』のキャラクターそれぞれの業、心に抱く違和感、日々の葛藤にこの曲が溶け込み、より一層の深さと彩りを与えてくれるに違いない」と曲の世界観に感銘を受けた様子だ。



 また、主題歌解禁と併せて、ドラマのポスタービジュアルも解禁。強い眼差しで前を見据える望美。一見、写真にしか見えないこのビジュアル、実は、一本一本の線を重ねた鉛筆画。向かって右の肩部分に目を向けると、「未完成」の絵であることがわかる。これは、ドラマの中のある人物が、望美をデッサンしたという設定。誰がどんな思いを込めて描いたものなのか…。真相はドラマが進むにつれて明らかになる予定。さらに、番組公式サイトや日テレ公式YouTubeでは、このビジュアルが生まれるまでの30秒動画を公開している。
カテゴリ