限定800本!“木曽ひのき”を使ったクラフトビール「Timber King」発売

限定800本!“木曽ひのき”を使ったクラフトビール「Timber King」発売


長野県木曽郡王滝村にて、木曽エリア初のクラフトビールブランド「御嶽BREWING」が誕生!第1弾となる「Timber King(ティンバー キング)」が、9月26日(土)より、「ララカレーオンタケ&御嶽ブリューイング」にて800本の数量限定で販売される。

御嶽初のクラフトビールブランド誕生


今回「御嶽BREWING」を立ち上げたのは、同村で飲食店の展開による地方創生を目指す「シシ」社。同社が“木曽の魅力が、一番に伝わるモノは何か?”と考えた時に出てきたのが「水」だったという。


「御嶽BREWING」は、そんな御嶽山の自然によって研ぎ澄まされた地下の湧き水を使用してつくられる。

「木曽ひのき」のチップを使ったビール


「御嶽BREWING」の第1弾となる「Timber King」880円(税込)は、“ピルスナーモルト”という麦芽を使った、甘みやコクのある「ヴァイツェン」を醸造。「ヴァイツェン」は、南ドイツ発祥のビアスタイルで、小麦麦芽を50%以上使用した伝統的なビールだ。


また「Timber King」は、副原料に樹齢300年の神社仏閣の建材としても使用される「木曽ひのき」のチップをふんだんに使っているのが特徴。ヴァイツェン特有のバナナのような“エステル香”と、“ひのき香”が合わさることで、ほかにはない優しくマイルドな香りを楽しめるという。

「ララカレーオンタケ&御嶽ブリューイング」にて販売



「ララカレーオンタケ&御嶽ブリューイング」は、毎週水・木曜日の11:00~14:00に営業。僅か13席の小さなお店なので、詳細は公式facebookにて確認を。なお販売本数は限定800本で、無くなり次第終了となるため気になる人はお早めに。

御嶽山の魅力がつまった「Timber King」を味わいに、秋の木曽へ訪れてみては。

■「ララカレーオンタケ&御嶽ブリューイング」
住所:長野県木曽郡王滝村3152
カテゴリ