齋藤飛鳥『映像研』主役オファーに戸惑い 作品の力とスタッフの愛で決断「やるしかない」

齋藤飛鳥『映像研』主役オファーに戸惑い 作品の力とスタッフの愛で決断「やるしかない」

 人気グループ・乃木坂46の齋藤飛鳥が24日、都内で行われた主演映画『映像研には手を出すな!』公開記念前夜舞台あいさつに登壇。主人公・浅草みどり役のオファーを受けた当時の心境について「面白いし、見たことない世界観で、これを自分が演じるのは想像がつかなかったので、最初は『私には無理です』とお伝えしました」と一旦は辞退するつもりだったことを明かした。



【集合写真】キャスト・監督が勢ぞろい



 齋藤は続けて「人気のある原作。自分に自信がなかったので『私以外に適役がいるので、その方にした方が…』と伝えました」と回顧。それでも浅草役を引き受けた理由について「なんでやったんだろうな」と茶目っ気たっぷりに笑いながら「作品にすごく魅力を感じたというのもありますし、スタッフさんの愛がすごくて、やるしかないと感じました」と言葉に力を込めた。



 原作は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメ制作に情熱を注ぐ女子高生たちの青春冒険譚を描いたコミックス。齋藤演じる主人公・浅草みどりは「アニメは設定が命!」を信条に、ことあるごとに妄想で世界を染め上げる変わり者。山下美月は、俳優一家に生まれ、親に反対されつつもアニメーターを目指すカリスマ読者モデル・水崎ツバメ。梅澤美波は、2人の才能をまとめ、管理してお金もうけをしようとするプロデューサー気質の少女・金森さやかを担当する。



 『映像研』での3人のかけあいについて、山下は「撮影前は、あんまり仲が良くなかったと言ったら語弊があるんですけど(笑)、私と梅澤は同期なのですが、飛鳥さんは5年先輩なので…。撮影中に3人で力を合わせないと乗り越えられないシーンもたくさんあったので、知らないうちに仲も深まりました」とにっこり。梅澤も「(齋藤演じる)浅草氏の頭を何度も叩いたのですが、金森(のキャラクター)がなかったら、恐れ多くて叩けない」と恐縮しながら、3人でのチームワークを振り返っていた。



 舞台あいさつにはそのほか、桜田ひより、板垣瑞生、赤楚衛二、英勉監督も登壇した。
カテゴリ