ふだん二人で何してるの?ラブラブカップルであり続ける秘訣

ふだん二人で何してるの?ラブラブカップルであり続ける秘訣

「落ち着いた関係もいいけど、ラブラブカップルにもちょっと憧れる……」、「最近、彼とマンネリしてきたなぁ」など、そんな悩みを抱えている女性もいるのではないでしょうか。


そこで今回は、「彼とラブラブであり続ける秘訣」をご紹介します。


いつものデートにこれらの要素をちょっと取り入れるだけで、二人のラブラブ度が急上昇するかも?ぜひチェックしてみてくださいね。



ふたりで運動する


「週末一緒にジムで鍛えたり、ヨガをしたり、なにかしら運動をしている。ついでに、運動後にシャワーを浴びて、一緒にランチもするから、運動する前よりも一緒の時間が増えた。自然と、会話量も増えたと思う」(30代・IT)


いつものデートにプラスアルファで、二人で軽い運動をするのがオススメ!


運動不足が解消できるだけでなく、気分がスッキリしたり、集中力が高まったり、メリットづくしです。


気分が前向きになり、二人の関係が良い状態でキープされますよ。


運動後のリラックスタイムでも、彼との距離がぐっと近づくはずですよ。


たまにおうちで一緒に料理


「お互い食べて飲むのが大好きだから、おうちデートをするときは、近所のスーパーでワインと食材を買って、おうちで料理して食べている」(20代・広告)


一緒になにかをするだけでも一体感が生まれるもの。


おうちデートをするなら、どちらかが料理をふるまうばかりではなく、たまに「一緒に作る」というのもオススメです。


新婚さん気分が味わえて、さらにラブラブ度が高まるでしょう。


出かけるときは必ず手をつなぐ


「スキンシップは多めかも。出かけるときは必ず手をつなぐし、家でテレビ見ているときは寄り添っているし。スキンシップが当たり前になっていると甘えやすいから、ラブラブでいられる」(30代・営業)


スキンシップがまったくないカップルと、頻繁にあるカップルとでは、やっぱりラブラブ度合いは違ってくるもの。


日常的にスキンシップがあるカップルは、自然と心の距離も近くなるのではないでしょうか。


ラブラブを作り上げるためにも、恥ずかしがらず手をつないで歩いてみましょう。ぬくもりがじんわり心に沁みて、より相手のことを愛おしく感じられるはず。


密な情報共有でお互いの予定を知っておく


「毎日LINEはしているし、お互いスケジュールの共有もしている。だから、返信が遅くても『そっか、今日出張だったな』とか、相手の行動がわかるから、不安になったりすることがない」(30代・コンサルタント)


「新鮮さを保つには、すべてをあけすけにしない方がいい」と言われることもありますが、反対に、密な情報交換をするからこそラブラブでいられることもあります。


お互いのスケジュールを共有しておくことで、不要な心配や不安を抱えることがなくなります。相手への信頼度も高まりますし、デートの予定も立てやすいはず。


マメに連絡を取り、お互いのことをオープンにし合うことで、彼との距離を近く保てますよ。


ラブラブは意識的に作り上げられる


自然にラブラブをキープできたらもちろん素敵ですよね。


ですが、そうではない場合でも、ラブラブは「自分たちで意識的に作り上げる」ことが可能なのです。


「最近マンネリしてきたなぁ」と感じているのなら、今回ご紹介した要素を、いつものデートに取り入れてみるのはいかがでしょうか? 


ちょっとしたひと工夫で、彼との距離がググッと近づくかもしれませんよ!


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ