森川葵&松井玲奈&百田夏菜子、“どれみ愛”も声優挑戦に重圧「私のせいで台無しになったら…」

森川葵&松井玲奈&百田夏菜子、“どれみ愛”も声優挑戦に重圧「私のせいで台無しになったら…」

 女優の森川葵(25)、松井玲奈(29)、ももいろクローバーZの百田夏菜子(26)、俳優の三浦翔平(32)が1日、都内で行われた映画『魔女見習いをさがして』(11月13日公開)完成報告イベントに登壇した。



【動画】森川葵&松井玲奈&百田夏菜子、“おジャ魔女”トークで熱弁!



 1999年から4年間にわたり放送された『おジャ魔女どれみ』シリーズの20周年を記念して製作された本作。始まりの場所・MAHO堂のモデルとなった洋館の前で出会った3人のヒロイン・ソラ(森川)、ミレ(松井)、レイカ(百田)の物語。年齢も、住んでいる場所も、悩みも、何もかもが違う3人が、『どれみ』ゆかりの地を巡る旅を通して、大人になって見失ってしまったそれぞれの大切なものを探していく、大人のための新たな“魔法”のストーリー。



 全員が『おジャ魔女どれみ』のファンで、オファーが来たときはうれしかったと語ったが、森川は「(オファーを)思ってもいなかったのでびっくりしたのと同時に、大好きな作品だから『いいのかな?』と。好きだからこそ、私のせいで台無しになったら…。と自分で圧をかけてました」と本音を明かした。



 松井は「大好きだったので、飛び上がるくらいうれしかったです。友だちから『一緒に見に行こう』と誘ってもらったんですけど、キャスティングのことが言えなくて(笑)。早く言いたいなという思いを胸にしまっていました」と振り返った。



 百田は「『どれみちゃん』のワードだけで『やりたいです!』と勢いで言ってしまって。不安もプレッシャーもありましたが、楽しく頑張ることができました」と笑顔。続けて「インタビューで好きなアニメの話をして、どれみちゃんの名前も出していたんですけど、マネージャーさんから『そんなに好きなんだね』と驚かれました」と裏話も話していた。



 そして、この日の午前中に、新型コロナウイルスの終息と本作のヒット祈願も行った4人。森川は「このご時世で、何かとつらかったりする世の中ですが、みんなが心から笑える日がくれば。そして、ようやく公開が決まってお届けできるので、少しでも明るい気持ちなってほしいです」と思いの丈を語った。

カテゴリ