おぎやはぎ、冠番組10年目突入 レアな歌唱姿を披露も自虐「カラオケ行きなれてない…」

おぎやはぎ、冠番組10年目突入 レアな歌唱姿を披露も自虐「カラオケ行きなれてない…」

 お笑いコンビ・おぎやはぎが出演するBS日テレ『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』(毎週土曜 後9:00)が、3日の放送で10年目に突入。ひとつの節目を迎えたことを記念し、番組テーマ曲をリニューアルし、おぎやはぎが楽曲に参加し、レアな歌唱姿を披露する。



【番組カット】中尾ミエがゲスト出演



 エンディングテーマ「NO CAR, NO LIFE!~愛車遍歴のテーマ~」が、今回の放送からリニューアルされることにちなみ、楽曲を手掛けるミュージシャン村松崇継の提案で、おぎやはぎ、そして進行役の自動車評論家・竹岡圭氏もレコーディングに参加。小木博明が「カラオケ行きなれてないおばさんが、裏声で歌っちゃってる感じ」と自虐を込めると、矢作兼も「どんなに失敗してもやさしく…」と、村松にヨイショされながらの心地良いレコーディングの模様を振り返った。



 この日の放送には、中尾ミエがゲスト出演。前回の放送では、極貧生活から抜け出すために15歳で芸能界入りした覚悟、20歳で家を建てた家族孝行ぶりを赤裸々に告白。一方で、若いころは免許を持たず、運転手付きの後部座席から愛車を楽しんだという、昭和を代表するスター歌手らしい愛車遍歴を語ったが、今回もさまざまなエピソードトークを披露する。
カテゴリ