八木亜希子、休養明けて元気な声 レギュラーラジオに復帰で感謝「助けをいただいた」

八木亜希子、休養明けて元気な声 レギュラーラジオに復帰で感謝「助けをいただいた」

 昨年12月から線維筋痛症のため休養していたフリーアナウンサーの八木亜希子(55)が、3日放送の『LOVE&MERODY』(毎週土曜 前8:30)のレギュラーに復帰を果たした。冒頭で、八木アナは「ご無沙汰しておりました。ご心配をおかけしました。おかげさまでさわやかな土曜の朝になりました」と元気な声であいさつした。



【写真】大胆な肩出しドレス姿を披露した八木亜希子



 八木アナは「去年の暮れから、自分でもびっくりするくらい体調が悪くなって、お休みをいただきました。途中から突然こんな風にお休みして、もう戻れないかなとか、ゼロからかなと思って、さらに落ち込ませた時期もあった」と回顧。「たくさんの方の助けをいただいたし、いっぱいメールもいただいて、きょうのリクエストも『おかえり』っていうのが多いと聞いて、そういうのを目の当たりにして、スタジオに入ったらお世話になった、たくさんの方からお花もいただいて」と思いを伝えた。



 続けて「磯山さやかちゃんが直接スタジオに来てくれて、もったいないから出てよって言ったら、ダメだっていうことで」と明るいトーンで紹介。「スタジオに足を踏み入れた途端、泣き出しちゃう感じになっちゃって。支えてくださったたくさんの方々にお礼を言いたいし、スタッフそのままいてくれてありがたい、みなさんにこれから一つひとつ…」と思いがこみ上げながら、これからの抱負を語った。



 八木アナの所属事務所は、昨年12月24日に「八木亜希子は、数日前から原因不明の体調不良が続き、回復の兆しがみられない為、医療機関にて診察を受けたところ、線維筋痛症との診断を受けました」と報告。「しばらくの間全ての仕事をキャンセルし、休養させていただく事になりました」と伝えた。



 先月9日に行われた同局の定例会見で、八木アナのレギュラー復帰が発表され、八木アナは「ご心配をおかけしましたが、復帰の見込みがたちました。またリスナーの皆様と土曜日の朝ご一緒できると思うと本当に嬉しいです」とコメントを寄せていた。



 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ