50周年の『遠くへ行きたい』、裏側にあるテレビマンの矜持「人々の暮らしがある限り旅は終わらない」

50周年の『遠くへ行きたい』、裏側にあるテレビマンの矜持「人々の暮らしがある限り旅は終わらない」

 現在も放送されている紀行番組で、“日本国内の旅”を扱うものとしてはもっとも長寿である『遠くへ行きたい』(読売テレビ制作/日本テレビ系)。放送開始は1970年10月。50年もの歴史を持つ同番組は、古き良きテレビマンの矜持に溢れた番組作りになっている。今のような機材がなかった時代の苦労、そして変わりゆく時代への対応とは? 番組黎明期から40年以上にわたり同番組を担当してきた、テレビマンユニオンのエグゼクティブ・プロデューサー・村田亨さんに聞いた。



【貴重写真】故・永六輔さん、伊丹十三さん…1970年代放送の懐かし旅写真



■旧国鉄時代に始まった番組、「『3分クッキング』に負けないように」



 『遠くへ行きたい』は、日本国有鉄道(国鉄、現JR)が1970年から始めたキャンペーン『ディスカバー・ジャパン』の一貫としてスタートした紀行番組。当初は、放送作家・作詞家の故・永六輔さんが日本各地を旅する姿に密着する形で始まり、俳優や著名人などの“旅人=出演者”を変えつつ、この10月で50周年を迎える。



 老舗番組制作会社・テレビマンユニオンの創立メンバーでもある村田さんは、もともと大の鉄道マニア。同番組を40数年担当したという、いわば生き字引だ。50周年を迎えた今、村田さんは「番組は我々の事情だけでは続けられない。テレビ局やスポンサーの方々、技術者、出演者、皆さんの顔を思い浮かべながら、ありがとうという気持ちでいっぱいです」とほほえむ。



 「当初は、こんなに続く番組になるとは思っていませんでした。ただ、25周年パーティーのとき、当時の日本テレビの社長さんが「『キューピー3分クッキング』(1962年~)はもっと続いている」と冗談でおっしゃった(笑)。当時、負けないようにと思いを新たにしたことは今でも覚えています」(村田さん/以下同)



 大事にしてきたのは、常に“旅人目線”であることだ。



 「永六輔さんの旅のモットーは、旅先の人々の日常生活の邪魔になってはいけないということ。我々もそれにならって、同行するスタッフを最小限の3~4人に絞り、永さんの旅についていくような撮影方法をとりました。視聴者はもちろん、僕らが見たいものを撮る…その想いが制作側の原動力で、今も続くこだわりでもあります」



 視聴者や制作側が“見たい”と思うものを撮るためには、一切の妥協を許さなかった。



 「例えば、岡山県・倉敷で民芸品を作る職人さんを撮影したのですが、あとから完成品が映っていないことが発覚した。作る過程を撮ったのだから、視聴者は出来上がりも見たいだろうと思いますよね。そこで、あらためて岡山に行って追撮(追加撮影)を行ったのですが、当時の読売テレビのプロデューサーから『そこまでするの!?』と驚かれました(笑)。結局、納期をずらしてもらい、無事に完全版を放送することができました。今も追撮はしばしばありますよ」



 旅の臨場感を損なわないために、“音”にもこだわった。川のせせらぎ、風の音、雑踏、野鳥の鳴き声。今では音声サンプルがあり、容易にその音を合成することができる。しかし『遠く行きたい』は、旅人自身が耳にした音を届けるため、音も実際に旅先で収集。徹底的に、リアルを追求しているそうだ。



 とはいえ、現在のように便利な機材が揃っていない時代。「撮りたい!」と思っても、苦労は多かったという。



 「白川郷の合掌造りの屋根を俯瞰で映したかったのですが、当時はドローンやクレーンなんてありません。現場の皆で知恵を出し合った結果、長い棒の先にカメラを取り付けて、持ち上げて撮影しました。一種の“手持ちクレーン”ですね(笑)」



 九州・伊万里の採石場の俯瞰を撮影する際には、番組オリジナルの画を撮るために、電力会社が電信柱の整備に使うクレーンをレンタルしたこともあった。これらのアイディアや手法は、他の番組にもまたたく間に広がっていったという。



 「とにかく、“手作り感”にこだわりたかったんです。それもあって、ビデオで撮影する時代になっても、『遠くへ行きたい』は最後の最後までフィルムを使い続けました。ビデオだと色々なものが見えすぎて、情感が失われかねない。フィルム独特の情感で、旅の情緒を届けたかったのです」



 同番組と言えば、永六輔さんが作詞したテーマソング「遠くへ行きたい」も印象的だ。50年もの間テーマソングを変えない理由は、「そもそも番組タイトル自体がこの曲からの引用。変わるとしたら、番組が終わる時でしょうね。ただ、歌い手さんを変えることで、時代の写し鏡となっているのかなと思います」。デューク・エイセスに始まり、小林旭、さだまさし、元ちとせ、一青窈ら多くの歌手が同テーマソングを担当してきた。



 これまでに多くのタレントや著名人が旅人として出演してきたが、「旅で出会う様々な物事に興味を持ち、面白がってくれる人」が、オファーする基準だそうだ。「2500回も続いていると出演者や旅先にも困るのでは?と思われますが、年代や性別、その人の経験、また訪れる季節によって、同じ風景を見ても見方や感じ方は千差万別。これまで、一度も困ったことはありません」



 このように、50年変わらないこだわりを持ちながらも、一方で時代の変遷とともに変化していくこともあるという。



 「昨今では、視聴者のテレビの見方が変わり、じっくり話を聞くというよりもテロップで“見せる”形が主流。情報量とテンポの早さが重視される時代です。この番組では、そういった流れに対応しつつも、聞いてもらいたい話はじっくり聞かせる。緩急をつけることで、旅の情感が損なわれないよう気遣っています」



■人々の歴史であり、テレビの歴史でもある



 国鉄からJRに変わり分社化された時は、よりバランスよく全国を回るように旅先の決め方も変わった。また、ジョイフルトレインと呼ばれる旅を楽しむ車両が登場したことで、その魅力を伝える撮り方を意識するようにもなった。コロナ禍で鉄道の旅にも影響が出ている現在も、「旅先に迷惑をかけない」というモットーのもと、可能な範囲での旅を続けている。『遠くへ行きたい』は、日本の鉄道とともに歩んできた番組とも言えるだろう。



 そんな同番組は、50周年を迎える10月4日と11日にはSP番組が放送される。おなじみの旅人・竹下景子、春風亭昇太、鈴木ちなみの3人が2500回を超える旅から選りすぐり&貴重な映像を振り返る。当時の風景はもちろん、今とは異なるファッションなどにも注目だ。



 「日本に人々の暮らしがある限り旅は終わらない。日本にはまだ知らないことがたくさんあります。予定調和ではなく、そこで見つけたものを見せる『遠くへ行きたい』に今後もご期待ください」と村田さん。50年間“日本を見てきた”と言っても過言ではない同番組。全国津々浦々の人々の歴史、テレビの歴史ともいえるこの宝が、いつまでも続くことを祈りたい。



(文:衣輪晋一)
カテゴリ