唐橋充、『仮面ライダー』17年ぶりのレギュラー オファー秘話を明かす

唐橋充、『仮面ライダー』17年ぶりのレギュラー オファー秘話を明かす

 テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーセイバー』(毎週日曜 前9:00~9:30)。剣と本をモチーフにしたファンタジー活劇という、これまでにない切り口で描かれている 令和仮面ライダー第2弾。4日に放送された第5話では、俳優、イラストレーターとして活動する唐橋充が、仮面ライダーエスパーダの父でもある、裏切り者の闇の剣士役で登場。仮面ライダーシリーズ に登場するのは2016年8月、『仮面ライダーゴースト』(2015年)にゲスト出演して以来、約4年ぶり、主要キャラクターとしてレギュラー出演するのは、『仮面ライダー555』(03年)以来17年ぶりとなる。



【画像】仮面ライダーカリバー全身ショット



 唐橋は『仮面ライダー555』の海堂直也役で映像作品デビュー。09年には、『侍戦隊シンケンジャー』に腑破十臓役でレギュラー出演。『仮面ライダーカブト』(06年)、『特命戦隊ゴーバスターズ』(12年)、『宇宙戦隊キュウレンジャー』(17年)では出演ではなく、劇中のイラストを手がけるなど、東映特撮作品とは“縁”が深い。



 『仮面ライダーセイバー』で唐橋が演じるのは、世界の均衡を守ってきた組織ソードオブロゴス”を15年前に裏切った闇の剣士。彼は主人公・神山飛羽真/仮面ライダーセイバー(内藤秀一郎)がよく見る“不思議な夢に現れる謎の存在だったが、第5話でその正体が明らかになった。それは、15年前に裏切ったとされるカリバーで、飛羽真の幼なじみ・富加宮賢人/仮面ライダーエスパーダ(青木瞭)の父・富加宮隼人だった。しかも、彼は尾上亮/仮面ライダーバスター(生島勇輝)の親友でもあったらしいのだが、そんなカリバーがなぜ組織を裏切ったのか…。まだその実像は厚いベールに覆われている。



 唐橋は「ある日、プロデューサーから“この役はあなたしか考えられない”とご連絡をいただきました。私は大変びっくりしつつも、とっても大切な本に出会ったような喜びを噛みしめながら、役どころをうかがったところ、“何も決まっておりません”とご回答をいただきました」と、茶目っ気たっぷりにオファーを受けたときのエピソードを明かし、「大変びっくりしつつも、いま、優しさにあふれた不思議な力を渡された気持ちでいっぱいです」と、謎に満ちた役柄に挑む思いを語っている。



 カリバーの出現により、剣士たちの運命の歯車が大きく動き出していくことは間違いない。彼は今後、飛羽真や賢人、尾上とどう関わってくるのか!? 唐橋はこの闇深きキャラクターをどう演じてくれるのでしょうか、今後の展開が楽しみだ。



■唐橋充のコメント



 先のわからない「新しい生活様式」の世界へ出し抜けに投げ出され、右も左も分からないまま茫然と暮らしていたある日、高橋一浩プロデューサーから「この役はあなたしか考えられない」とご連絡をいただきました。私は大変びっくりしつつも、とっても大切な本に出会ったような喜びを噛みしめながら、役どころをうかがったところ、「なにも決まっておりません」とご回答をいただきました。私は大変びっくりしつつも、いま、優しさにあふれた不思議な力を渡された気持ちでいっぱいです。どうぞ応援のほどよろしくお願いいたします。
カテゴリ