毎日変わる月の様子を感じながら日々を過ごせる!『月のこよみ2021』発売

毎日変わる月の様子を感じながら日々を過ごせる!『月のこよみ2021』発売


ほっこりかわいいイラストと装丁が毎年大人気の一冊が今年も登場!『月のこよみ2021』1,000円(税別)が、誠文堂新光社から10月7日(水)に発売される。

太陽は時計・月はこよみ


かつて太陽が時計の役割をはたしていた一方で、こよみの役割を担っていた「月」。毎日変化する月の形「朔望月(満ち欠け)」のサイクルを1カ月と数えていた旧暦では、月の変化は日々の生活に直接結びついていた。


『月のこよみ2021』では、満ち欠けの様子が一目でわかる2021年の「月の満ち欠けカレンダー」をはじめ、


旧暦や二十四節気、


毎日の月の出没時刻、


毎月の星空、古来日本での月の呼び名など、役に立つ情報を掲載している。

スーパームーンや金星食が見られる日などを紹介


また、毎月それぞれ、その月に見ておきたい美しい月が見られる「おすすめお月見日和」の項目では、美しい月が見て楽しめる日時と、その様子を紹介。

例えば、5月26日。この日はスーパームーンで皆既月食が起こり、そのスーパームーンの大きな月が夜空で赤く染まり、絶景を目にすることができる。

天体望遠鏡や双眼鏡などの特別な道具がなくても、誰もが眺めて愉しめる身近な星である月は、その存在を感じ、毎日ぼんやりと月を眺めるだけでも心が落ち着き、ゆとりのある時間を過ごせるように。


監修は、国立天文台助教・相馬充氏。裏表紙裏には月面図/月のデータも収録していて、月についてより詳しく知ることができそう!

『月のこよみ2021』を手に入れて、2021年は月を見ながら毎日を過ごしてみては。
カテゴリ