霜降り明星・粗品「好きなものと好きなものが融合して、最高」“お笑い”サバゲー挑戦

霜降り明星・粗品「好きなものと好きなものが融合して、最高」“お笑い”サバゲー挑戦

 バトルロワイヤル式のサバイバルゲームを“お笑い”で実現した、フジテレビ系スペシャル番組『霜降り明星の笑野行動〜笑わせあって生き残れ!!〜』(7日 深0時25分~1時25分)。収録を終えた霜降り明星から、熱いコメントが到着した。



【番組カット】”笑ったら負け”!ニューヨーク嶋佐vs霜降り明星せいやの模様



 山梨県・青木ヶ原樹海そばに用意された本格的なバトルフィールドで、各所に点在する“笑いの武器”を拾いながら、芸人たちが本気で笑わせ合い「笑ったら負け」のサバイバルバトルを繰り広げる。戦いの舞台に放たれた7人の芸人の中で、最後まで生き残り「最強の称号」を与えられるのは一体誰なのか。



 集められた精鋭は、霜降り明星の2人のほか、安藤なつ(メイプル超合金)、井戸田潤(スピードワゴン)、後藤拓実(四千頭身)、嶋佐和也(ニューヨーク)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)。麻袋をかぶせられ、ひとりずつフィールドに降ろされた7人は「ここ、どこ?」「めちゃくちゃ山やん!」「やばすぎるよ!」と困惑しきり。敵が誰なのか、何人なのかも全く知らされていない彼らは、生き残るために“武器”を探し戦闘モードに入る。



 粗品は、「自分は漫才のツッコミなので、一発ギャグとかものまねとかぱっとできるものがない」と不安も。一方せいやは、「もしコロッケさんに遭遇したら逃げますよ」と見えない敵に恐れおののきながら、アイテムをゲットすべく険しい傾斜にも果敢に挑む。



 せいやが発見しバトルを仕掛けたのは、『キングオブコント2020』準優勝で勢いに乗る嶋佐。せいやは「実は嶋佐とは相性悪いんです。第7世代にむかついているんで」と警戒するが、嶋佐はせいやの隙をつきアイテムを奪ってしまう。「サバイバルなんだよ!第7世代が俺たち6.9世代からいろんなものを奪ったようによ!」と叫んだ嶋佐は、せいやを撃退することができるのか。



 次々「キル」(倒す)され“血のり”スプレーを浴びる敗北者たち。そんな中、生き残ったプレーヤーたちに「警告」が。“爆撃機”ハリウッドザコシショウが投下され、もし見つかってしまったら、ザコシの笑わせに2分間耐えなければならないという過酷すぎるもの。警告を受けたプレーヤーたちは「ザコシが来たら終わりだよ」「森で遭遇しちゃダメな芸人」と戦々恐々…。実際、ザコシの攻撃は想像を絶する強烈なものだった。



●霜降り明星コメント



・今回の企画を最初に聞いた時の率直な感想は?

粗品「僕はFPS(※)がめちゃくちゃ好きなので、好きなものと好きなものが融合して、最高だなと思いました。“麻婆ラーメン”を初めて見た時の様な感覚でした」

※First Person Shooterの略。ゲームをする自分の視点が主人公の視点と同じスタイルのゲームの一種。

せいや「演出のディレクターや自分たちも、昔見たバラエティー番組から影響を受けて、それをまた新しい形で実現しよう!という心意気で参加できてうれしかったです」



・粗品さんは、バトルロイヤルゲームの実況などをやっていますが、同じようなスタイルで、しかも“お笑い”という戦場で、実際にプレーしてみていかがでした?

粗品「やっぱり現実世界で敵を見つけると、結構腰が引けてしまいました!ただ、いつもやっているFPSの癖で、ショートスライディングしながら移動したり、曲がり角にクレイモア(※)がないか確認したりしました」

※FPSのゲーム内に登場する対人地雷。



・今回のプレイヤーの中で、最も強敵だと思った人は誰?またピンチだったエピソードは?

粗品「スピードワゴン井戸田さんの声が大きすぎて、強敵だと思いました。あとハリウッドザコシショウさんに出会ったら終わりだな、と思いました」

せいや「相方の粗品とバトルが当たったらやばいと思います。お互いのツボをつくなど、手の内を知っているので、もし対決になったらやばいです。追い詰められた点でいうと、やっぱりアイテムが肝になる番組だったので、小道具ボケが重要なのと、ほんまの山奥で、怪我するんじゃないかと…。そこまで壮絶にする?と思うほど過酷なロケ地でした」



・視聴者にメッセージを!

粗品「世界観はバトルロイヤルゲームで、やる事はお笑いという、自分が子供の時に放送していたら絶対見てた番組です!」

せいや「バトロワのゲームが好きな人も緊張感のある感じで見られる番組だと思います。シンプルな笑わせ合いだけど、それぞれの道中で道具を拾わないといけないルールなど、サバイバル要素が新しいと思います!」



◆基本ルール



▽プレーヤーの芸人は麻袋をかぶりヘッドホンで耳をふさがれた状態でトラックの荷台に乗せられ、フィールド各所へリリースされる。敵が誰なのか、何人いるのかも知らない。



▽フィールド内には笑わせ合いバトルに使える様々な武器が落ちており、プレーヤーはそれらを拾い戦いに備える。救援物資(笑いのスペシャル武器)が空中から投下される場面も!



▽敵を見つけ“勝負したい”と思ったら、銃を向け「ファイヤー!」と叫ぶ。先に叫んだプレーヤーが先攻でバトル開始。1対1のバトルで、1ターン制限時間30秒で交互に敵を笑わせる。先に笑わせた方が勝ち。なお、くすぐりなどの物理的攻撃は禁止。負かした敵の武器はもらうことができる。



▽突然、フィールドにハリウッドザコシショウが出撃し、無差別に攻撃を開始する“爆撃発生”と称するイベントも。彼に見つかってしまったプレーヤーは2分間ザコシの爆撃に耐えなければならない。もちろん、プレーヤーは笑った時点で負け。



▽ひとり“キル”(倒す)ごとに賞金が入るシステム。倒せば倒すほど高額に!
カテゴリ