『ゴジラ』国内初の完全新作TVアニメシリーズ制作決定、来年4月放送開始 ボンズ×オレンジ制作

『ゴジラ』国内初の完全新作TVアニメシリーズ制作決定、来年4月放送開始 ボンズ×オレンジ制作

 1954年に映画第1作が公開されて、世界中で人気となっているキャラクター『ゴジラ』。その新プロジェクトとして、『ゴジラ』の完全新作のテレビアニメシリーズが制作されることが7日、発表された。タイトルは『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』で、2021年4月よりTOKYO MXなどで放送がスタートし、Netflixでは日本先行で全世界独占配信されることが決定した。テレビアニメは過去にアメリカで『Godzilla』(1978年~80年)、『ゴジラ ザ・シリーズ』(99年~2000年)が放送されていたが、国内でのテレビアニメシリーズの放送は初となる。



【画像】『青の祓魔師』作者が描く!『ゴジラ』登場キャラが集結した原案イラスト



 『ゴジラ』のアニメーションは、2017年・2018年に『GODZILLA 怪獣惑星』『~決戦機動増殖都市』『~星を喰う者』と3部作が劇場公開されていたが、今回の新シリーズ『ゴジラ S.P』は毎週放送のテレビアニメで、映画とはまったく違う作品、新たなオリジナルストーリーとして展開する。



 アニメーション制作は、『僕のヒーローアカデミア』など数々の傑作を世に送り出す名スタジオ「ボンズ」と、『宝石の国』『BEASTARS<ビースターズ>』など、ほかとは一線を画すハイクオリティなCGアニメを手掛けてきた「オレンジ」が担当。夢のタッグが実現し、手描きアニメとCGのハイブリッドで制作される。



 制作スタッフには、監督を『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の高橋敦史氏、シリーズ構成・脚本はSF小説家で芥川賞作家の円城塔氏(シリーズ構成&全話脚本に初挑戦)、音楽は『弱虫ペダル』シリーズや数々の『映画ドラえもん』を手掛けた沢田完氏が担当する。



 また、キャラクターデザイン原案は、『ジャンプSQ.』(集英社)で連載中の人気漫画『青の祓魔師』作者・加藤和恵氏で、自身初となるアニメのキャラ原案に挑戦。怪獣デザインは『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『風立ちぬ』など数々のスタジオジブリ作品に参加してきたアニメーター山森英司氏と、豪華スタッフが集結している。



 今回のアニメ制作発表にあわせて、キャラクターデザイン原案絵とゴジラのデザインの一部が公開された。スタッフからのコメントは以下の通り。



■監督:高橋敦史氏のコメント

子どものころ雑誌で見たゴジラから逃げ惑う人々のエキストラ募集の記事、自分が映画に出れるかも?!大勢の中でどうやって目立てばいいか演技プランを考えました。結局その夢は叶いませんでしたが今回ついにあの時の演技プランが報われるのかも知れません。



■シリーズ構成・脚本:円城塔氏のコメント

世の中には解けない謎が多くある。もっともそのほとんどは、考え続けていくうちにだんだん小さくなっていく。しかしここにごくごくまれに、考えれば考えるほど増え続けていく謎があり、たとえばそれはゴジラと呼ばれる。ここ数年、なんとかそれを抑え込もうとしてきたが、手記はここで途切れている。



■キャラクターデザイン原案:加藤和恵氏のコメント

子どものころからお馴染みの「ゴジラ」に、まさか関わらせていただく日がくるとは…仕事は大変緊張しました。高橋監督、脚本の円城先生、アニメのプロの皆さんが作り上げるゴジラの世界を、楽しむなにかしらの一助になっていたらと思います。キャラクター達がどう動くのか、私も一視聴者として楽しみにしています!



■怪獣デザイン:山森英司氏のコメント

この作品に関わる機会を下さった関係皆様に感謝いたします。そして、何人もの作業を経て画面になった怪獣たちを、多くの人に楽しんでいただければ幸いです。また、ゴジラ好きで、この依頼を最も喜び、楽しみにしながら、完成を見られずに他界した、兄に捧げます。



■音楽:沢田完氏のコメント

大学時代、作曲の恩師・池野成先生が映画「ゴジラ」の音楽のオーケストレーションをされていて、更にその恩師であり「ゴジラ」音楽の産みの親・伊福部昭先生にも自分は管弦楽法を学びました。そんな自分がこの作品に関わる事になり並々ならぬ思いが駆け巡っています。同時に長いシリーズの新たな一ページを開く「ゴジラ S.P」に参加できる喜びを噛みしめています。
カテゴリ