付き合う前はよく見えるけど…あなたを不幸にするダメ男の言動

付き合う前はよく見えるけど…あなたを不幸にするダメ男の言動

女子を不幸にするダメ男というと「浮気性」「仕事しない」「ギャンブル好き」などが思い浮かびます。


しかし、実際には付き合ってからわかることが多いのが実情。地雷のように外からは見えないのが原因です。


出会ってすぐのシーンでは優しく見える言動の奥に、ダメ男の尻尾が隠れているかも。



試してくる


「元カレは、付き合う前から試してくることが多かった。たとえば、連絡しないとか、ケンカすると『もう会わないほうがいい?』とか。それでケンカになると『前は自分が会いたいって言ったんだろ』と話をすり替える。それが苦痛でした」(25歳・女性)


「〇〇したほうがいい?」「実はそう思ってるんじゃないの?」と、甘えたような口調で言う彼にキュンとすることもあるかもしれません。


でも、そのように女子に判断をゆだねておいて、全然違う他のケースで、それを根拠に「前はああいっただろ!」「自分で言ったんだろ!」と責任をなすってくるダメ男がいます。


一見優しいので、意見を尊重されていると感じがちですが、うまくいってるときの優しさと、ケンカのときの意地悪さのギャップがすごいタイプです。


「別れたほうがいい?」など極端な質問が多いとか、試すような言動が多い男性には注意が必要です。


身内にだけ優しい


「付き合う前は、電車の中で周りの人から守ってくれて優しい人だと思ってたんです。でも、付き合いだしたら、地元の友だちと彼女である私以外の人は全部敵扱い。店員に横柄な態度をとったり上司を『殴りてえ』とか……。」(23歳・女性)


誰かを選ぶことは、ほかの誰かは選ばないということなので、対応に差が出ること自体は仕方のない一面があります。


でも、自分が気に入った一部の人以外には攻撃的な男性は、うまくいっているときはいいけれど、ひとたび仲がこじれると、手のひらを返して攻撃してくることもあります。


彼が「仲間認定」している人以外への対応を見れば、将来自分がどのように扱われるかがわかるでしょう。


楽しませてもらうの待ち


「初デートで自分からは何も話さないし、私の話にも『なるほどね』『いいんじゃない』しか言わなかったんです。嫌われてると思って距離を置いたら、しつこく連絡してくる。楽しませてもらうのを待ってたんですね」(30歳・女性)


男女問わず「私を楽しませてみなさい」という姿勢の人っているものです。


ただ、それをストレートに表現せず、「何も話さなくても、いい雰囲気」のような、一見理想の恋愛像のようなことを言って気を引いてくるのがポイントです。


このケースの「なるほどね」のように、自分から話を広げる気も気遣いもなく、相手を何かのコンテンツのように思っていることも。


話さなくてもいい雰囲気になれるのは、それまでにたくさんコミュニケーションを取ったから。消極的なだけの手抜き男性には引っかからないようにしたいものです。


近づかないと見えないダメさがある


うっかり付き合ったらストレスフルな恋愛になりそうなのが、こんな言動の男性たち。


近くにいないとダメさが実感できないため、友達に相談しても反応が薄いわりに、恋人としては常にストレスにさらされることに。


好意を見せられたらすぐ付き合うのではなく、数回はデートを重ねて観察をしたいものです。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ