波瑠主演『#リモラブ』初回8.7%

波瑠主演『#リモラブ』初回8.7%

 女優の波瑠が主演する日本テレビ系連続ドラマ『#リモラブ~普通の恋は邪道~』(毎週水曜 後10:00)第1話が14日放送され、初回平均視聴率が8.7%(世帯)、4.4%(個人)だったことが15日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。



【場面カット】お茶漬けにニラレバ?元カレを食べ物に例える波瑠



 今作は『きょうは会社休みます。』『世界一難しい恋』を手がけたチームが贈る“恋愛弱者”のラブコメ第3弾。恋愛を長い事“さぼっていた”産業医・大桜美々(波瑠)が、久方ぶりにマジな恋をSNSでするのだが、その相手は顔も名前もわからない…しかし、どうやら社内にいる…という前途多難な恋。そんな美々の“恋の容疑者”となる男性キャラクターは松下洸平、間宮祥太朗、高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.※高ははしごだか)、渡辺大、及川光博らが演じる。



 舞台はまさに現実と同じ新型コロナウイルスが猛威をふるうソーシャルディスタンスを守らねばいけない世界。新人看護師の八木原(高橋)を連れ、社員のマスクや手洗いの不備を見つけては、厳しく注意する美々は“健康管理室の独裁者”と呼ばれていた。恋愛から遠ざかる美々だったが自粛下の生活で「一人でも平気」の気持ちに変化が…。精神科医の富近(江口のりこ)からストレス解消にと薦められたオンラインゲーム上で会話したハンドルネーム“檸檬”に恋したのだ。しかも“檸檬”は社内にいることが発覚する。



 第2話では“檸檬”が、八木原だと勘違いし、大恥をかいた美々。相手が誰だかわからない恋愛なんて理解できないという八木原に、「今は2次元の相手に本気で恋する時代なんだから」と強気に言い張る。そして5か月後の10月―。美々のハンドルネーム“草モチ”と、“檸檬”とのSNS上だけでのやりとりは、相手を知らないまま順調に続いていたのだが…。
カテゴリ