四千頭身、メンズメイクでワイルドに劇的変身 “第7世代の中で一番かっこいい”宣材写真を撮影

四千頭身、メンズメイクでワイルドに劇的変身 “第7世代の中で一番かっこいい”宣材写真を撮影

 資生堂のメンズブランド『ウーノ』公式サイトが15日、お笑いトリオ・四千頭身を起用したWEB動画「四千頭身の宣材写真 第7世代でいちばんかっこよくしてみた」を公開した。



【写真】BBクリームを塗って…メンズメイクに挑戦する四千頭身&5年前撮影の旧宣材写真



 同WEB動画は、より多くの男性に向けて、速攻で変身できるメンズメイクの楽しさやワクワク感を伝えるため、四千頭身の3人を起用して制作したもの。きっかけは、メンバーの後藤拓実が5年前に撮影してから変わっていない宣材写真に対して「いつまでこれなんだろう」とつぶやいたツイート。“第7世代の中で一番”かっこよくリニューアルしたいという3人の相談から始まり、初めてのセルフメンズメイクを楽しんでいる点が見どころとなっている。



 撮影を前に、まずはそれぞれの肌悩みについて話し合う3人。後藤は日焼けのムラや目の下のクマ、都築拓紀は薄い眉毛やヒゲの青み、石橋遼大は肌や唇の血色の悪さが気になるといい、それぞれに合った商品を手に、初めてのセルフメンズメイクにトライした。



 メイクを終え、それぞれの体形に合ったスーツとヘアスタイルでばっちり決めると、撮影スタジオに向かう後ろ姿にも貫禄が。普段のキャラクターとは全く違う雰囲気でポーズを決める3人。本人たちも思わず「めっちゃかっこいいじゃん!」と笑顔を見せ、大満足の仕上がりになった。



 ツイッターでは、さっそく3人がアイコンを新宣材写真に変更。ファンからも「3人とも爆イケで惚れ直しました」「まじでメイクで顔変わるし印象が全然変わるのね、、!!」「めちゃくちゃいい!!! アーティスト感溢れてる」「四千頭身の宣材写真が変わるなんて歴史が動いたレベルですよ!笑」と驚きの声があがっている。



 なお、公式サイトでは、お笑い芸人とは思えないほど洗練された、四千頭身のリニューアルした宣材写真を期間限定で公開中。

カテゴリ