JO1“11人の今を出来る限りリアルに” 『with』気鋭スタッフでスペシャル撮り下ろし

JO1“11人の今を出来る限りリアルに” 『with』気鋭スタッフでスペシャル撮り下ろし

 11人組グローバルボーイズグループ・JO1が、28日発売の女性ファッション誌『with』12月号(講談社)の表紙に登場。「11人の今」を「出来る限りリアル」に世に届けるべく、スペシャルなフォトセッションで彼らの魅力を最大限に引き出した。



【写真】JO1の“イケメン代表”!決め顔を披露した鶴房汐恩&白岩瑠姫&川西拓実



 with初登場の2020年4月号、デビュー目前のタイミングに取材した際の「この11人から目を離してはいけない」という直感に従い、同誌ではJO1の活躍を追跡。今回はカメラマンに川島小鳥氏を起用し、アーティストとしての姿はもちろんのこと、彼らの芯の部分にも迫った。



 スタイリングは、国内・海外のファッションシーンでも活躍するSHUN WATANABE氏が担当し、JO1の魅力を語る上で絶対に欠かせない「DIVERCITY&INCLUSION」を表現。1人ずつ見ていくと個性のある多様性がしっかりと感じられるのに、その強い個性が集った時に、各々が持つ共通項が強烈なリンク性を生み、グループとして唯一無二の魅力を放つ。JO1の魅力を具現化したかのようなスタイリングになった。



 10月末に公開予定のスペシャルムービーでは、本人たちによるwith12月号撮影レポート、1stアルバム『The STAR』解説などを収録する。



 同号にはそのほか、妻夫木聡、ジェジュン、弘中綾香、道枝駿佑、中川大志、有岡大貴&伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、秋元真夏(乃木坂46)などが登場。同時発売の増刊の表紙を飾ったのは広瀬アリス。
カテゴリ