尼神インター・誠子、初エッセイの映画化熱望 主演は「石田ゆり子さんで…」

尼神インター・誠子、初エッセイの映画化熱望 主演は「石田ゆり子さんで…」

 お笑いコンビ・尼神インターの誠子が20日、オンラインで行われたエッセイ本『B あなたのおかげで今の私があります』(KADOKAWA)のトークイベントに出席した。



【写真】トークイベントには誠子の先輩芸人・アインシュタインも登場



 本名の「狩野誠子」名義で書き下ろした初エッセイでは、子供の頃から「B」(=ブス)と言われ続ける誠子が、Bであることを受け入れ、むしろBでいることの方が楽しいと思うようになるまでのしなやかで強い生き方をつづった。



 先輩芸人・アインシュタインから「Bの王としては、とても共感できる部分がありました」(稲田直樹)、「まず思ったのは読みやすい。話も小分けになってたから、読み終わるのに1時間も掛からなかったよ」(河井ゆずる)と感想を聞いた誠子は「すごいうれしい!」と笑顔。



 次回作の構想を問われると「エッセイとしては出し切った感があるので、次は恋愛小説が書きたい。私みたいな地味な女の子がヒロインになる恋愛ストーリーかな」と想像を膨らませた。さらに「石田ゆり子さん主演で実写化してほしい!」と映画化も熱望すると、すかさず稲田から「違うよ。(主役はゆにばーす)はらちゃんだよ!」とツッコミを受けていた。
カテゴリ