「しつこい」のは良いこと?彼とずっと仲良くお付き合いするコツ

「しつこい」のは良いこと?彼とずっと仲良くお付き合いするコツ

彼氏ができると、好きすぎるあまり嫉妬してしまったり、束縛してしまったりなど、何かと「しつこさ」が出てしまう女子もいるでしょう。


恋愛において「しつこさ」は、タブーだと思われがちですよね。


しかし、恋愛でタブー視されやすいこの「しつこさ」、実はそこまでタブーではないという考え方も。


そこで今回は、恋愛においてずっと仲良くお付き合いするために必要な「しつこさ」についてご紹介します。



多少のしつこさがないと恋愛なんて続かない


「しつこい」というのはネガティブに捉えられがちで、恋愛においてはタブーに思われがちですが、多少しつこさがないと恋愛、特にお付き合いは続きません。


簡単に諦めてしまっては、誰と付き合ってもあっという間にサヨナラ、となってしまうはずです。


たしかに、しつこくしすぎるのはよくありません。恋愛で大事なしつこさは、「執拗さ」ではなく「粘り強さ」です。


重いと思われるのが怖くて、粘り強さを放棄してしまう女性もいるかもしれません。


でも、ふたりの関係を続けていくためには粘り強さは必須です。


何かあったときにとことん話し合うような粘り強さがあったほうが、お付き合いは長続きするでしょう。


ネガティブな部分もないと人間らしくない


世の中、ポジティブなほうが良いイメージがあり「常に彼の前ではポジティブで」「ネガティブな女性は振られやすい」と言われることもありますよね。


でも、少しくらいネガティブさがないと人間らしく感じられないのではないでしょうか。


ネガティブすぎるのは良くないかもしれませんが、たまに気分が落ちたり、悪い方向へ考えてしまうのは普通のことです。


彼の前で無理に明るく振る舞ってしまうと、いずれメンタルが崩壊する可能性もあり、関係もおかしくなってしまうかも。


たまには彼の前でも弱った姿も見せたほうが、心の距離は縮まるはず。


無理にポジティブでいたほうが不自然だし、本心が見えないしで、彼も不安になるかもしれません。


嫉妬心がないのはドライすぎる!


嫉妬心がないのはドライすぎる!


「嫉妬は重い」的な恋愛指南のコラムもあります。嫉妬の度合いによっては重いし、関係を壊しかねません。


でも、嫉妬をしない・嫉妬をしているけど一切態度に出さない、というのはドライすぎるかも。


好きな人からの多少の嫉妬は、誰だって嬉しいはず。嫉妬のおかげで、「愛されている」と実感できることだってあるんです。


中には嫉妬をしても、態度に出さないよう耐えてしまう女性もいるでしょう。


ですが、ちょっとした嫉妬ならどんどんしたほうがいいですよ。軽く嫉妬してくる彼女のことを「可愛らしい」と思う男性もいるはず。


結局は程度次第!


恋愛においてはあまり良しとされない感情や言動って、お付き合い中は避けがちですよね。


ですが、完全に避けてしまうと人間味がなくなるし、関係が長続きせずに終わってしまう可能性も。


しつこさも、ネガティブさも、嫉妬も、どれも恋愛には外せない大事なものです。


程度さえ間違わなければ、むしろお付き合いは長続きするはずですよ。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ