堺雅人、東京03への熱い愛 完成された世界観に賛辞「シェイクスピアのレベル」

堺雅人、東京03への熱い愛 完成された世界観に賛辞「シェイクスピアのレベル」

 俳優の堺雅人、お笑いトリオの東京03が、20日深夜放送の『TOKYO SPEAKEASY』(月~木 深1:00~)に出演。かねてから親交のある2組だが、堺が東京03愛あふれる思いを打ち明けた。



【ランキング表】他作品をぶっちぎる『半沢直樹』、「3人まとめて…」予告編すら話題に



 堺は、東京03の3人に「この間の配信ライブも面白かったです。なんか、面白すぎてつまんないです(笑)。環境ビデオのように見られますね。美しすぎて。海岸で波を見ているようです。美しいの。ドキドキも含めてだけど、よくできているなって。この頻度おかしくないですか? シェイクスピアとか、それくらいのレベルだと思います」と絶賛。



 ファンゆえに、さらなる境地にいたっているようで「僕は試行錯誤している、苦しんでいる03が好きなんですよ。お笑い見ている感じじゃないですね。自然物を見ているというか。愛でている。角田さんがキレている時に、噴火している火山を見ている感じ。豊本さんの(キャラクターである)豊美がどんどんうまくなっている。それが不満なんです(笑)。試行錯誤のゴリゴリがないんですよ」と熱く伝えていった。



 東京03を知ったきっかけについて、堺は「バラエティー番組で、ドランクドラゴンの塚地武雅さんに『面白いコントありませんか?』って相談したら『03さんがいいんじゃないか』とおっしゃってくれて」と回顧。「男3人でずっとやっているじゃないですか、飽きませんか?」と質問すると、飯塚悟志が「それが飽きないんですよね。3人でずっとやっていきたいがまず先にあるから。この中でどう試行錯誤するかなんですよね」とかみしめるように語った。



 その後も『半沢直樹』の秘話など、さまざまなエピソードが飛び出し、濃密な4人でのトークとなった。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」または「AuDee」で聞くことができる。
カテゴリ